川崎市中原区のO様邸にて、外壁の塗り替え工事を行いました。

外壁は窯業サイディング材で、壁の継ぎ手部分(目地コーキング)が主に劣化しており、壁面にもひび割れなどが発生していました。

そのため今回、コーキングの打ち替え及び外壁の塗り替えを行いましたので、その事例をご紹介していきます。

外壁の劣化状況

外壁材の継ぎ手には、コーキングという防水施工を行っています。

そのコーキング材も経年劣化で伸縮して隙間が生じ、そこから雨水が入り込んでしまいます。

雨水が長期間、入り込んでいくと内部を傷める原因となってしまいます。

コーキング材の劣化が原因で、外壁材が引っ張られることにより、ひび割れが発生します。

ひび割れの隙間からも雨水が入り込み、内部を傷めてしまいます。

日当たりの良くない箇所では、藻が生えて、美観を損ないます。

そのほか、付帯部分の日焼けや色あせ、鉄部が錆びて劣化してきます。

塗装を行う事によって、美観の復元や耐久性を維持することができるようになります。

川崎市中原区で外壁を塗り替えた施工事例

仮設足場設置

外壁の塗り替えを行う場合、必ず仮設足場を設置していきます。

敷地の範囲が狭く、「ビケ足場」での設置が難しいため「単管足場」で設置を行っています。

仮設足場設置後は、高圧洗浄(水洗い)を行っていきます。

コーキング工事

外壁の塗り替えを行う前に、先にコーキングを仕上げていきます。

既存のコーキング材を撤去して、養生を行っていきます。

プライマーを塗布して、新しいコーキング材を充填していきます。

充填したコーキング材をヘラなどで、整えていきます。

コーキングが乾く前に、養生テープを剥がして完了です。

サッシまわりには、既存のコーキング材にプライマーを塗布して、その上から新しいコーキングを打ち込んでいきます。

ビニール養生

付帯部分や地面やブロック面など、塗装が付着しないように、ビニール養生を行っていきます。

外壁塗り替え

コーキングと、養生が完了したら外壁の塗り替えを行っていきます。

下地材には、SK化研の「ミラクシーラーエコ」を使用しています。

下地材(下塗り)を外壁に吸い込ませるように塗っていきます。

下塗りが完了したら、本塗り材を塗装していきます。

本塗り材には、SK化研の「クリーンマイルドシリコン」を使用しています。

本塗り材(中塗り)を塗っていきます。

再度、本塗り材(上塗り)を塗って仕上げていきます。

付帯部塗装

「破風板、軒天、雨樋」を計2回塗りで仕上げていきます。

「庇」の板金箇所を錆止め後、計2回塗りで仕上げていきます。

「水切り」を錆止め後、計2回塗りで仕上げていきます。

「換気フード」を錆止め後、計2回塗りで仕上げていきます。

「雨戸、戸袋」も計2回塗りで仕上げていきます。

バルコニー防水

「バルコニーの床」の表面も年数が経つと劣化してきます。

そのため、表面のトップコートのみ塗り替えを行います。

日本特殊塗料の「タフシールトップ」をローラーで2回塗って仕上げていきます。

トップコートの塗り替えも、耐久性を維持させていくためにも定期的な施工をおすすめします。

外壁塗り替え【完工】

工事期間は、約2週間ほどで仕上がりました。

工事のまとめ

窯業サイディングでは、主に目地のコーキングが築10年前後から劣化が始まります。

コーキングの劣化を放置してしまうと、サイディングの浮きや、内部の腐食(雨漏り)が発生してしまいます。

そうなってしまうと、大掛かりな工事になる可能性もあるので、コーキングの劣化に気づいたら外壁の塗り替えを検討していきましょう。

早い段階で施工を行う事によって、綺麗な状態で建物を維持できます。

外壁のことで、気になることやご質問がありましたら轍建築へご相談ください。

現地調査・お見積りをご希望の方は川崎市中原区はもちろん、「横浜、川崎をメイン」で対応しておりますので、お気軽にご連絡ください。