川崎市麻生区のS様邸にて、外壁の塗り替えを行いました。

先日の台風の影響で一部屋根材が剥がれてしまい、その修理と一緒に外壁の塗り替えを行っています。

劣化状況は、築10年経過しており、外壁材の劣化や目地コーキングの劣化が進んでいました。

そのほか帯板や、外壁材にひび割れが発生していました。

隙間などから、雨水が入り込んで内部を傷める原因となっております。

そのため、外壁の補修と、コーキングの打ち替え、ベランダの防水工事なども行っています。

その施工事例をご紹介します。

川崎市麻生区での「外壁の塗り替え」施工事例

外壁の塗り替えに入る前に、仮設足場の設置を行っていきます。

一緒にメッシュシートを張り上げて、全体的に養生を行っていきます。

仮設足場設置後に、高圧洗浄(水洗い)を行っていきます。

外壁に付着した汚れや藻、サッシ廻り、ベランダの埃や砂を洗い流していきます。

高圧洗浄後に劣化したコーキングを打ち替えていきます。

既存の劣化したコーキング材を撤去してから新しいコーキング材を打ち込んでいきます。

冬場での工事でしたので、乾きの早い速乾性のあるコーキング材で仕上げていきました。

ヘラなどで、コーキング材をならしていきます。

養生(マスキングテープ)を剥がして、コーキングの打ち替え完了です。

コーキングの打ち替え後、サッシ廻りや玄関扉など、ビニール養生を行っていきます。

養生が完了後、外壁の塗装に入っていきます。

下塗り材に、サイディングボード用の下地材の「日本ペイント パーフェクトサーフ」を塗っていきます。

下塗りの完了後、中塗り材に「日本ペイント パーフェクトトップ」を塗っています。

ラジカル制御塗料で、シリコン系塗料よりも、優れた耐久性を発揮します。

中塗りが完了したら、仕上げに再度、パーフェクトトップを塗っていきます。

上塗りを入れて、計3回外壁の塗装を行います。

先ほどの、打ち替えたコーキングの上にもパーフェクトトップを塗布していきます。

見栄えの面もありますが、塗ることでコーキング材の耐久性の向上にもつながるためです。

外壁材以外の破風板や軒天、雨樋の塗装も行っていきます。

軒天は、下塗り、中塗りと2回塗りで仕上げていきます。

帯板は、屋根材と同色で仕上げることによって、アクセントととなり全体的に美観が引き締まります。

ベランダ床の劣化した表面の塗膜を塗り替えていきます。

下塗りを入れて、専用の防水塗料で仕上げていきます。

表面のトップコートだけの塗り替えとなります。

下地にはFRP防水がありますが、表面の塗膜だけ10年を目安に塗り替えていくとベストです。

外壁塗装の完了で上記が施工前です。

仮設足場を解体した後の施工後の写真となります。

日に当たると、艶が出て新築のような美観に戻ります。

工事期間は、約10日間の工事でした。

工事のまとめ

外壁の塗り替えを行うことによって、新築のような美観を取り戻し、雨水からお家を守ることができます。

今回のように、何かの工事のついでや、築10年経過してきましたら外壁の塗り替えを検討されてみてください。

轍建築では、無料でご相談、お見積り対応を行っています。

何かありましたら、お気軽にお問い合わせください。