川崎市宮前区のS様邸にて、外壁の塗り替えを行いました。

築20年以上で、今回が2回目の塗り替えとなっています。

外壁材は窯業系のサイディングで、コーキング工事とウレタン塗料で塗装を行っています。

外壁材の劣化状況

縦目地のコーキングが劣化していました。

また、塗膜が劣化して、チョーキング(白い粉)が発生していました。

塗装してから、およそ10年経過してくるとこのような症状がでてきます。

破風板(木部)の塗装が剥がれていました。

霧除けの板金部分が赤錆で劣化していました。

その他、ベランダ下の瓦棒屋根に釘浮きと赤錆が発生していました。

塗り替えの施工事例

仮設足場と養生を行い、高圧洗浄(水洗い)を行っていきます。

カビや藻、汚れを洗い流して、下地をきれいにします。

コーキング工事

縦目地はコーキングの打替えを行っていきます。

既存のコーキング材を撤去していきます。

マスキングテープで養生を行っていきます。

サッシまわりは、プライマーを塗って、増打ちしていきます。

先ほどの、既存のコーキングを撤去した縦目地にコーキングを打設していきます。

完全に乾く前にマスキングテープを剥がして完了です。

外壁の塗り替え

下塗りにエポMシーラーを塗っていきます。

本塗りの使用材料は、関西ペイントのセラMレタンを使用しています。

中塗りに関西ペイントのセラMレタンを塗っていきます。

中塗り完了後に、上塗りにセラMレタンを再度塗装して仕上げていきます。

外壁は、下塗りを入れて計3回塗りを行って完了です。

付帯部分の塗装

破風板が一部腐食しており、補修を行ってから塗装を行っています。

下地を調整して、板金をカバーして仕上げています。

今回は、屋根工事と一緒の施工でしたので、余っていた材料でサービスで行っています。

サウンドペーパーで、下地調整を行っていきます。

ウレタン塗料で、下塗りを行っていきます。

乾いてから、再度塗装を行っていきます。

補修箇所も一緒に塗装で仕上げて完了です。

雨樋も下地調整を行っていきます。

ウレタン塗料で下塗りを行っていきます。

上塗りを行って仕上げていきます。

同様の手順で霧除けもウレタン塗料で2回塗りしていきます。

下屋根の塗装

玄関上のコロニアル屋根は、3回塗りで仕上げていきます。

錆びていたベランダ下の瓦棒屋根は、釘浮きの補修を行い、下塗りに錆止め後、ウレタン塗料で計3回塗りを行って仕上げています。

仮設足場を解体して、外壁の塗り替え完了です。

工事期間は、2人作業で10日間でした。

工事のまとめ

一度塗装を行っても、外壁は年中雨風の影響を受けているため徐々に劣化は進行していきます。

そのため10年後には、また塗装が必要な劣化状況になります。

そのまま放置してしまうと、木は腐り、鉄は錆びて穴が空きますので、注意が必要です。

ですが、10年ごとのメンテナンスは難しい方も多いかと思います。

その場合は、傷みが進んでいる箇所のみ部分的に補修を行うこともできます。

一度塗装したから大丈夫と安心せずに、10~12年過ぎてきましたら全体的な点検をおすすめします。