川崎市宮前区のN様邸にて、擁壁の塗装工事を行いました。

外壁材は、コンクリート打ちっぱなしで、前回15年前に塗装されています。

ですが、上部が庭で草木等があり、雨水等が染み込んで、再びコンクリート壁を傷めている状況です。

旧塗膜も劣化しており、見栄えも悪いので、今回、擁壁を塗り替えることになりました。

その施工事例をご紹介します。

劣化状況

 

コンクリートのひび割れや、旧塗膜の剥離が発生していました。

 

 

コンクリートも劣化して、ボロボロと剥がれ落ちてきています

 

施工事例

ケレン作業

 

剥がれかけたコンクリートや、旧塗膜をワイヤーブラシや皮すきで削り落とし、下地を整えていきます。

養生

 

削り落としたコンクリートや旧塗膜を清掃した後、清掃を行っていきます。

清掃後、階段、ポスト、門扉などに塗料が付着しない様に養生を行っていきます。

下塗り

 

養生が完了したら、下塗りを入れていきます。

2回目の塗装のため吸い込みは少なく、段取り良く作業が進みました。

下地調整

 

下塗り後に下地調整を行っていきます。

削ったコンクリートの穴埋め作業を行います。

パテやコーキングで、凹凸箇所をキレイに平らにしていきます。

中塗り

 

下地調整が完了したら、中塗りを入れていきます。

色合いは、グレー色で仕上げています。

上塗り 仕上げ

 

中塗りが乾いたら最後上塗りを入れていきます。

下塗り、中塗り、上塗りと計3回塗りで仕上げていきます。

完了

 

工期は2日間の作業でした。

ひび割れが目立ってきていたので、弾性系の塗料で仕上げました

弾性系はひび割れに強く、下地調整をしっかりと行えば美観も長く保たれます。

ただ、どうしても上部に雨水たまりやすく、コンクリートに染み込んで内部から外壁材を傷めていくので注意が必要です。

 

まとめ

 

ガレージの擁壁部分は、とても目立ち美観が悪くなると気になる部分です。

無塗装であれば「クリヤー工法」や塗装されていれば今回の様に「再度塗り替える」ことで、美観が元通りになります。

擁壁の塗装は、外壁塗装などど一緒に塗装を行ってあげると費用も抑えられ効率的です。

 

轍建築では、「擁壁など、部分的な塗装工事」も行っているので、倉庫の塗装や、手すりの塗装、鉄骨ベランダの塗装など、気になる箇所がありましたら、まずは、お気軽にお問合せご相談ください