横浜市港北区のY様邸で、サイディング壁の塗装を行いました。

屋根と同時に施工を行っています。

屋根塗装工事の施工事例はこちら>>

今回は、サイディング壁のため塗装前に「コーキングの打替えや外壁の補修」を行い仕上げています。

その一連の流れについてご紹介していきます。

 

サイディング壁の劣化状況

 

窯業サイディングでは、コーキングの劣化が早い時期から目立ちます。

コーキングは劣化すると硬化して、剥離してきます。

剥離するとその隙間から雨水が入り込み内部を傷める原因となります。

 

 

コーキングの劣化によって、サイディング材が浮いたり割れたりします。

 

 

その他、コーキングの劣化をあまり放置してしまうと、内部の透湿シートと言われる防水紙が破れて、下地が腐食してしまいます。

 

横浜市港北区でのサイディング壁の塗装事例

 

全体的な塗装工事を行う場合には、まず仮設足場を設置していきます。

 

 

仮設足場の設置が完了したら「高圧洗浄」を行って、「コケやカビ、汚れ」を洗い流していきます。

 

コーキング工事

 

塗装に入る前に、コーキング工事を行っていきます。

既存の劣化したコーキング材をカッターでカットして取除いていきます。

 

 

マスキングで養生を行い、下地にプライマー(接着剤)を塗布していきます。

 

 

コーキングを行う前に、浮いていたサイディング壁をビス留めして補修していきます。

 

 

新しいコーキング材を充填して、ヘラなどで整えていきます。

 

 

養生を剥がして完了です。

ジョイントのコーキングが一番劣化が早いので注意が必要な箇所です。

 

 

サッシのまわりや玄関扉のまわりにもコーキングもあります。

このコーキングも打ち替えや増し打ち(既存の上から新しく充填)で仕上げていきます。

 

 

外壁以外にも付帯部の「破風板や笠木など」の継ぎ手にも、コーキング施工されています。

こういった細かい箇所のコーキングも「打ち替えや補修」が必要となります。

 

外壁塗装工事

 

コーキング工事が完了したら、窓まわりなどに養生を行っていきます。

 

 

まず、下塗りを行っていきます。

下塗りは、「サイディング壁と上塗り塗料」の密着を高めるために行います。

 

 

上塗りは、日本ペイントのパーフェクトトップというラジカル制御塗料を使用していきました。

 

 

下塗り材が乾いてから、上塗り(パーフェクトトップ)を行っていきます。

 

 

一度目の上塗り材が乾いてから再度、上塗りを行っていきます。

外壁塗装では、基本的に3工程で仕上げていきます。

 

 

3回塗り終えたら、養生を撤去して完了です。

浮いていたサイディングも、補修を行い、コーキングを打ち替え、3回塗ることで防水機能が戻りました。

塗装を行う事で、建物を雨や紫外線から守ることができます。

 

付帯部塗装工事

 

外壁塗装を行う前後で、その他の付帯部の塗装作業も行います。

付帯部は、下地調整後に、「錆止めとウレタン塗装」、もしくは「ウレタンを2回塗り」で仕上げています。

 

上記は、破風板(はふいた)という、板の塗装を行っています。

 

 

雨戸(あまど)の塗装も行っていきます。

 

 

雨樋(あまとい)の塗装も行っていきます。

 

 

屋根の裏側にある、軒天(のきてん)と言われる天井の塗装も行っていきます。

 

 

出窓(でまど)屋根の鉄板の塗装も行っていきます。

 

 

外壁と基礎の取合い部にある水切り(みずきり)の塗装も行っていきます。

 

 

庇(ひさし)または霧除け(きりよけ)の鉄板も塗装していきます。

 

塗装工事の完了

 

「コーキング工事、外壁塗装工事、付帯塗装工事」を行い、最終確認をして問題なければ、仮設足場を解体して完了です。

 

 

工事期間は、仮設工事「2日間」、サイディング壁塗装工事一式「10日間」でした。

 

工事のまとめ

 

サイディング壁のメンテナンスポイントはコーキングです。

コーキングの劣化は早く、放置してしまうと内部への影響も大きく、雨漏りの原因にもなります。

そのため、剥離やひび割れがでてきたら、工事の検討をおすすめいたします。

 

サイディング壁も目立ちませんが、コーキングの劣化に伴い劣化が進んでいます。

どちらの施工も仮設足場が必要な工事なので、一緒に施工を行うことが「費用面や効率」を考えるとベストです。

 

轍建築では、横浜市港北区はもちろん、横浜市・川崎市全域で外壁の塗装、及び修理を行っています。

外壁のことで、気になることやご不明点等ありましたら、お気軽に轍建築までお問い合わせください。