横浜市都筑区のW様邸にてサイディング壁の塗り替えを行いました。

築30年目で、今回の塗り替えが2回目となります。

屋根からの雨漏り発生に伴い、屋根工事と一緒に施工を行っていきました。

雨漏り工事の施工事例はこちら>>

 

サイディング壁の劣化状況

 

サイディング壁では、主に目地のコーキングの劣化が目立ちます。

劣化が進むと、硬化して細くなり、隙間が生じてきます。

その隙間から雨水が入り込み、内部下地の腐食やサイディング壁の反りや割れに繋がります。

 

 

目地以外では、サイディング壁のコケや汚れ、カビなどが目立ちます。

美観を損ねることもそうですが、菌などが繁殖して良くはない状況です。

 

 

また、旧塗膜が劣化して「剥離や剥がれ、色あせ」なども出てきます。

このような劣化症状が出たら、サイディング壁の塗り替えのサインと考えておいた方が良いです。

 

横浜市都筑区での塗り替え施工事例

 

サイディング壁の塗り替えにあたり、仮設足場と養生シートを設置していきます。

仮設足場は塗装工事にて設置が必須であり、養生シートは「高圧洗浄や塗料」の飛散防止目的に張っていきます。

 

 

仮設足場の設置後、外壁の水洗いを行っていきます。

溜まった汚れやコケやカビなどを綺麗に洗い流していきます。

 

 

外壁が乾いたら、目地のコーキングを打替えていきます。

既存の古いコーキング材を撤去していきます。

 

 

撤去した目地に、マスキングで養生を行い、プライマーを塗っていきます。

 

 

次に、新しいコーキングを充填して、ヘラで整えていきます。

 

 

マスキングを取り除き、コーキングの打替えは完了です。

 

 

コーキングの打ち替え後、サッシや玄関扉などをビニール養生していきます。

 

 

養生を行ったら、下地専用の塗料をサイディング壁に塗っていきます。

 

 

同時進行で、軒天(屋根の裏)も塗っていきます。

 

 

下塗り作業が完了したら、本塗りを行っていきます。

今回の商品は、「日本ペイントのパーフェクトトップ」を使用しています。

 

 

下地塗料の上に、本塗りの塗料を上塗りしていきます。

 

 

一回目の上塗り作業が乾いたら、さらに再度上塗りして「計3回塗り」で仕上げていきます。

 

 

先ほど打替えを行ったコーキング材も、上塗りして仕上げていきます。

 

 

サイディング壁の塗り替えが完了したら、付帯部の塗装に入ります。

霧除けなどの板金材は、「錆止め塗料」を塗布してから「本塗り塗料」を上塗りして仕上げていきます。

 

 

破風板や雨樋は、「本塗り塗料」を計2回塗って仕上げていきます。

 

 

付帯部の塗装が完了したら、「最終確認」「タッチアップ作業」「清掃」を行って完了です。

 

 

工事期間は、約10日間の作業でした。

 

 

途中で雨などが降った場合には延期となるため、屋根工事を含めると、足場の組立てから解体まで「約1カ月間」の工事となっています。

 

工事のまとめ

 

築30年目ですが、屋根工事と外壁の塗り替えで、新築時のような美観を取り戻すことができます。

また、美観もそうですが塗装は雨水の侵入を防ぎ、建物を守る役目が主とされています。

塗装を行う事で、建物の耐久性年数が大きく変わってくるので、定期的に行う事が推奨されています。

今回のように、屋根工事などで仮設足場が必要なケースでは、一緒に外壁の塗り替えを行うと効率が良いためおすすめです。

 

轍建築では、横浜市都筑区はもちろん、横浜市・川崎市で屋根と外壁の工事を行っています。

外壁の塗り替えで、気になることやご不明点等ありましたら、お気軽に轍建築までご連絡ください。