横浜市西区のT様邸にて、外壁の塗装工事を行いました。

築20年目で、10年前に一度塗装(別の業者)をされていましたが、「モルタルのひび割れや塗膜の防水が劣化してきたため」2回目の塗装工事の対応をさせていただきました。

また今回は、昨年の台風で屋根の板金が剥がれたため、保険を申請して屋根リフォームを行っています。

その際に仮設足場を設置したので、一緒に塗装工事を行うことによって、コストを抑えられています。

こちらでは、T様邸の外壁の劣化状況や塗装を行った施工事例をご紹介していきます。

外壁の劣化状況

モルタル壁の劣化症状で、一番わかりやすいのがひび割れです。

縦や横向きに細かいものや太めの線ができます。

とくに、雨風があたりやすい壁面では雨水が染み込んで、モルタルの剥離や最悪内部の下地が腐ることもあります。

以前行ったベランダリフォーム時に、一部モルタルが剥がれていました。

そのまま塗装すると新しい塗膜が剥がれやすいので、下地調整を行ってから塗装を行っていきます。

横浜市西区での外壁塗装の施工事例

仮設足場を設置してブルーの養生シートを張り養生していきます。

近隣への塗料や水などの飛散防止目的で行います。

高圧洗浄(水洗い)を行い、外壁や窓ガラスなど綺麗に洗っていきます。

高圧洗浄後、サッシ廻りや室外機などにビニール養生後を行っていきます。

養生完了後、下塗りを入れていきます。

日本ペイントのパーフェクトフィラーを使用しています。

下塗り後、ひび割れ箇所に補修材を塗っていきます。

とくに、ベランダのリフォームで傷んでしまったモルタルをメインに補修しています。

補修後、中塗りを入れていきます。

本塗り材も同メーカーである日本ペイントのパーフェクトトップを使用しています。

中塗り後、仕上げに上塗りを入れていきます。

中塗り材と同じパーフェクトトップを使用しています。

外壁塗装の完了です。

基本的に、外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りと3回塗りで仕上げていきます。

外壁塗装と同時進行で付帯部分の塗装も行っていきます。

上記は、破風板の塗装を行っています。

出窓の上にある板金材の塗装を行っています。

雨戸や戸袋の塗装も行っていきます。

屋根の裏側の軒天の塗装も行います。

付帯部分は各種2回塗りで、仕上げています。

仮設足場を解体して、清掃を行って完了です。

外壁塗装工事の工事期間はおよそ、7日~10日間です。

作業人数や塗り面積によって工期が変わり、天気にも大きく左右されます。

基本的に雨天時の塗装はNGですので、梅雨の時期は工期が延びやすい傾向にあります。

工事のまとめ

今回は、屋根と一緒に外壁の塗装を行い外回り全体のリフォーム工事でした。

「形の残らない高価な足場代」を節約するには、外回りはまとめて施工を行った方がベストです。

また、屋根外壁ともに、同じくらいのタイミングでメンテナンス時期に入ります。

劣化状況もみて、全体的なリフォームを検討していくことも大事です。

外壁塗装は、10年周期がおすすめと言われていますが、塗料によっては15年~20年耐久性を維持できるものもあります。

今回使用したパーフェクトトップは、メーカーで期待耐用年数が15年と発表されています。

ラジカル系の塗料でシリコン塗料よりも耐久性が良く、おススメできる塗料です。

外壁塗装を行うにもタイミングや塗料選びなど、検討することがたくさんあります。

轍建築では、それぞれのお宅に合った、最適なプランのご提案ができますので、横浜市西区はもちろん、横浜市、川崎市内で外壁塗装の事で気になることやご不明点ありましたらお気軽にご相談ください。