横浜市港北区のN様邸にて、外壁塗装工事を行いました。

塗装箇所は、モルタル壁、付帯部分、モルタル擁壁です。

それぞれの劣化状況と塗装を行った施工事例をご紹介します。

モルタルと付帯部分の劣化状況

モルタル壁にひび割れが発生していました。

築30年目で過去に2回塗装していますが、ひび割れは何度塗装してもでてきてしまいます。

ひび割れの隙間から雨水が入って内部を傷める原因となりますので、塗装、補修は必要です。

バルコニーの手すりと笠木が錆びて傷んでいました。

手すりは水はけが悪いと、錆が早く進行しやすいです。

笠木からの雨漏りはとくに多く、気を付けなければいけない箇所です。

雨樋の経年劣化、破風板の色があせていました。

雨樋も日焼けで割れやすくなり、破風板も木板の場合は腐り、鉄板の場合は錆びますので注意が必要です。

外壁塗装工事の施工事例

工事を行う前に、仮設足場の設置とメッシュシートを張っていきます。

仮設足場の設置後、外壁の水洗いを行っていきます。

高圧洗浄後、各種ビニール養生を行っていきます。

養生後、下塗り材(パーフェクトフィーラー)を塗っていきます。

塗料は、外壁・擁壁モルタルに日本ペイントのパーフェクトトップを使用しています。

下塗り後、中塗り材(パーフェクトトップ)を塗っていきます。

仕上げに、上塗り材(パーフェクトトップ)を塗っていきます。

劣化状況や日当たりによって、4回目を塗っていくこともあります。

付帯部塗装工事

軒天の塗装を行っています。

素材がプリントベニヤでしたので、デザインを生かすためにUVプロテクトを使用しています。

破風板の塗装を行っていきます。

旧塗膜を取り除くために、下地調整を行っています。

下地調整後に、下塗り材(パワーMレタン)を塗っていきます。

上塗り材(パワーMレタン)を2回塗っています。

軒樋の塗装を行っています。

竪樋の塗装を行っています。

雨樋も計2回塗りで仕上げています。

ベランダの手すりはケレン後、防水テープ補修、笠木は継ぎ手にコーキング補修を行っています。

その後、ウレタン塗料で仕上げています。

霧除けの塗装を行いました。

雨戸の塗装を行っています。

付帯部の塗装は基本的にウレタン塗料を使用して仕上げています。

モルタル擁壁塗装工事

モルタル擁壁は、外壁塗装同様の手順と塗料で仕上げています。

モルタル擁壁、パーフェクトトップ3回塗り仕上げの完了です。

仮設足場を解体して完了です。

工期は、2人作業で8日間でした。

工事のまとめ

モルタル壁、付帯部分ともに過去に塗装を行っても再度塗装は必要となります。

使用した塗料にもよりますが、10年~15年くらいの周期で次回塗装を行うのがおすすめです。

劣化状況によって、塗装時期は判断していく形となります。

施工手順は、高圧洗浄や養生、下地調整を行ってから、基本的にモルタル壁は3回塗りで、付帯部分は2~3回塗りで仕上げていきます。

工期は、作業人数、建物の大きさ、形状によって変わります。

また、雨など降ると作業できませんので、工期は長めに考えておくと良いと思います。

外壁塗装工事のことで、ご不明点や気になること、現地調査やお見積りの希望などがありましたらお気軽に轍建築までお問い合わせください。