横浜市旭区のK様邸にて、窯業サイディング壁の塗装とコーキング工事を行いました。

築15年経過してきため、年数に応じた劣化がみられました。

そのため、屋根工事と一緒に外壁のメンテナンスを行っています。

塗装を行う事によって、新築時のような美観を取り戻しました。

その施工事例をご紹介します。

外壁の劣化症状

 

外壁(サイディング材)の塗膜が劣化していました。

手で触ると、塗膜が指に付着します。

塗膜の劣化は、外壁材を傷める原因となります。

 

 

目地コーキングが劣化していました。

コーキングが剥離して、隙間が発生しています。

その隙間から、雨水が侵入して内部を傷める原因となってきます。

 

外壁塗装の施工事例

仮設足場・高圧洗浄

 

仮設足場を設置していきます。

一緒に養生(メッシュシート)を張っていきます。

 

 

初日は、高圧洗浄(水洗い)を行っていきます。

外壁材のカビや藻、汚れを綺麗に洗い流していきます。

コーキング工事

 

外壁塗り替えの前に、コーキング工事を行っていきます。

目地の側面にマスキング養生を張っていきます。

既存のコーキング材を撤去してプライマーを塗布していきます。

 

 

新規のコーキング材を流し込んで、ヘラでなでていきます。

 

 

ジョイントの縦目地に関しては、コーキングを打ち替えていきます。

 

 

サッシまわりのコーキングは増し打ちを行っていきます。

外壁塗装工事

 

サッシまわり、玄関扉、手すりなど、ビニール養生を行っていきます。

 

 

養生が完了したら、下塗りを入れていきます。

下塗りは、外壁材と本塗り材の密着を良くするための塗料を塗っていきます。

 

 

下塗りが完了したら中塗りを入れていきます。

使用した材料は、日本ペイントのパーフェクトトップを使用していきました。

パーフェクトトップは、ラジカル塗料でシリコンとフッ素のちょうど真ん中くらいの耐久性が期待できる塗料です。

 

 

中塗りが完了したら、上塗りを入れていきます。

中塗りが艶消し、上塗りが艶ありで仕上げ、万が一の上塗りの塗り忘れを防ぎます。

付帯部塗装工事

 

外壁塗装と同時進行で軒天の塗装を行います。

下塗り、上塗りと2回塗りです。

 

 

破風板、雨樋も塗装していきます。

下地調整を行い、艶ありのウレタン2回塗りです。

 

 

竪の樋も塗装していきます。

 

 

水切り役物の塗装もしていきます。

 

 

雨戸の塗装もしていきます。

 

 

シャッターBOXのBOXだけ塗ります。

フレームはアルミなので、基本的には塗装を行いません。

 

 

玄関照明の塗装もしていきました。

ベランダ防水工事

 

ベランダの防水は、FRP防水でした。

表面の塗膜が劣化するため、トップのみ塗り替えを行っていきます。

塗り替えの目安は、外壁と同様に10年サイクルで行うと良いです。

仕上がり完成

 

仮設足場を解体して、清掃を行い完了となります。

足場・塗り替えの工事期間は、8日間でした。

 

工事のまとめ

 

外壁の塗り替えを行うことによって、素材の劣化・雨漏り・腐食を防ぎ、お家が長持ちします。

雨漏り・腐食してからの塗り替えでは手遅れです。

手遅れになる前に、早めに塗り替えのご検討をおすすめ致します