横浜市保土ヶ谷区のM様邸にて火災保険で雨樋の交換と一緒に「外壁塗装工事」を行いました。

火災保険で雪の影響で歪んでしまった雨樋の交換を行い、その時に仮設足場を設置したため、そのまま利用して外壁塗装を一緒に行っています。

外壁材には、錆やモルタルのひび割れが発生していたため、塗装工事できれいに仕上げています。

金属サイディングに関西ペイントのセラMレタンで仕上げましたので、その施工事例をご紹介します。

外壁の劣化状況

 

外壁材は、金属サイディングでしたが赤錆の発生やチョーキングが発生していました。

また、カビや汚れなども付着してきています。

 

 

また、破風部分の旧塗膜が劣化して剥がれていました。

 

 

モルタル箇所のひび割れも発生していました。

 

外壁塗装の施工事例

 

雨樋交換工事で使用した仮設足場を、そのまま使って工事を行っています。

 

 

まず、高圧洗浄で溜まった汚れやカビなどをキレイに洗い流していきます。

 

 

高圧洗浄後に、各種養生を行っていきます。

 

 

各種養生後に、下塗り材を入れていきます。

金属サイディングは、横ラインに継ぎ目があるので、塗り残さない様に、刷毛を使用して全行程丁寧に塗っていきます。

 

 

下塗りが乾いたら中塗りを行っていきます。

その後に、また中塗りが乾いたら上塗りします。

計3回塗りを行っていきます。

同時進行で、付帯部分の雨戸や破風部分の塗装を行っていきます。

 

 

仮設足場を解体して、雨樋交換と外壁塗装工事の完了です。

雨樋は交換したため塗装は行っていません。

逆に、新品の状態で塗装をおこなってしまうと剥がれやすくなります。

そのため、新しい外壁の色と雨樋の色は合う色を選びましょう。

 

工事のまとめ

 

今回のように雨樋交換を行う場合には、仮設足場を基本的に設置して工事を行います。

その際に、一緒に外壁塗装を行ってあげると、足場代が節約できます。

仮設足場は形に残らない工事ですので、一緒の施工がおススメです。

また、下から外壁や屋根を確認するのと、足場が設置されてから確認するのとでは、劣化状況の見え方が全然違います。

仮設足場の設置後に見えにくい部分の劣化に気づくことが多いです。

雪害や台風での自然災害では、火災保険が適用される可能性がありますので、加入している保険屋さんに確認してみましょう。

火災保険や工事についてご不明点等ありましたら、轍建築にお気軽にお問い合わせください。