8

 

横浜市戸塚区I様邸にて、外壁の塗装とコーキング工事を行いました。

築7年目のお宅でまだ時期的には少し早かったのですが、サイディング壁の剥離、コーキング材の劣化、藻の発生等があり塗り替え工事に入りました。

サイディング壁にセラMレタンで塗装と目地コーキングの打ち替えを行っていきましたので、その施工事例をご紹介します。

劣化状況

1

 

チョーキングが発生しており、外壁を触ると白くつきます。

表面の防水機能が切れ始めている証拠となります。

また、目地コーキング材が劣化して亀裂が発生していました。

コーキング材が劣化すると隙間が生じて水が内部にまわり、サイディングの浮きや、割れを引き起こしてしまいます。

 

i4

 

サイディング材の表面に水がまわり、一部剥離している箇所、も日陰面に全体的に発生しておりました。

築7年目で、外壁材の剥離や剥がれが発生していると、この先の劣化スピードも早いと思います。

現在の段階で、水の侵入を防いであげることが、サイディング壁の長持ちに繋がります。

 

施工事例

i7

 

仮設足場の設置後に高圧洗浄後にコーキング工事を行っていきます。

流れは、既存コーキング材を撤去して新規コーキングを打ち込みます。

 

 

養生を行い、下塗り(アレスホルダーGⅡ)を行います。

外壁材と本塗りの塗料が密着しやすいように塗る塗料です。

いわゆる接着剤の役目をしています。

 

Itei

 

次に、中塗り(セラMレタン)を行っていきます。

メインはローラーにて塗り、細かいところは刷毛を使って仕上げていきます。

 

 

中塗りが終わりましたら、再度もう一度上塗り(セラMレタン 仕上げ)を していきます。

上塗りを塗るのと塗らないのとでは大きく差が出てきます。

 

i8

 

中塗りと上塗りでは色を分けて塗ることもできます。

 

26

 

サイディング壁の塗装工事完了です。

工期は2週間ほどで仕上がりました。

 

工事のまとめ

 

築7年目のお宅でしたが、作業に入ると思った以上に劣化が進んでいました。

足場を建ててみないと見えない場所もあり下から見ただけではなかなか気づけません

このままの状態で放置してしまうと、塗装が出来なくなった可能性もありました。

外壁塗装は、今後の劣化促進を防ぐ為に、塗装を行っていくのです。

そのほか塗装を行うだけで、また新築時のような美観が戻ってきます

早い時期から点検調査を行ってくことで、思わぬ劣化状況に気づくことができ、対策を立てることが出来ます。

そのため、可能でしたら築8年前後で、一度点検調査をおすすめします。

横浜市・川崎市をメインに外壁の塗り替えを行っています

横浜市川崎市で外壁塗装を依頼するなら轍建築にお任せください。地域密着型で活動しているため、迅速に対応することができます。
費用の見積もり依頼、施工の相場に関するご質問などありましたら、電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは9:00~19:00まで受付しています。