横浜市泉区k様邸にて屋根の塗装工事を施工させていただきました。

10年前に一度塗装されており、今回は2回目の塗装工事となりました。

屋根の塗膜が劣化しているので、再度しっかりとまた塗膜で保護していきます。

前回の塗装ではタスペーサーが入っていませんでしたので、

今回は縁切りを行いタスペーサーをしっかりと入れて塗装に入りました。

[劣化状況]

塗膜の劣化、ひび割れ

dsc02994

日焼けにより色が褪せてきています。  dsc03002

手で触ると白い粉(チョーキング)が起こり塗膜の劣化が始まっていました。

細かいひび割れ等も発生してきており、メンテナンス時期に入っています。

[施工事例]

下塗り後(シーラー下地)を塗り乾いたら縁切りを行いタスペーサーを設置していきます。

freefont_logo_gennukigothicpheavy

タスぺーサーは屋根にこもった湿気の逃げ道を確保するため取付けていきます。

これを設置するかしないかで、下地の劣化スピードも変わってきます。
dsc03247

freefont_logo_gennukigothicpheavy

下塗りが完了しましたら中塗りをしていきます。

中塗りが乾いたら、最後の仕上げの上塗りを塗っていき

計3回塗りで仕上げていきます。

工事完了 BEFORE→AFTER

freefont_logo_gennukigothicpheavy

[工事のまとめ]

10年前にしっかりとメンテナンスをされていたので、屋根の下地の状況がしっかりとしていました。

20年間ノーメンテナンスの屋根と10年目で1回塗装をされている屋根とでは

下地の劣化状況と先々の耐久性は大きく変わってきますね。

また、見栄えも2回目ですが、新築時のような仕上がりに戻りました。

定期的なメンテナンスがお家を長持ちさせて工事費用も安く上がって経済的なのでお勧めです。

屋根塗装でのご質問や費用の事など何か気になる事がありましたら

お気軽にお電話ください!

[使用材料・保証期間]

今回の使用材料はSK化研のヤネフレッシュを使用していきました。

下地には縁切り行い、タスペーサーを挿入しています。

保証期間は完工日から5年間となります。