横浜市戸塚区G様邸にて屋根の塗装工事を施工いたしました。

築20年以上でノーメンテナスのお宅でした。

屋根の勾配が急なため、水はけがよく築年数が経過されていますが、

何とか雨漏りせずもちこたえていたと考えられます。

劣化状況が悪く、塗装で仕上げられる限界まできていましたが、

下地調整をしっかりと行い、何とか塗装でおさめました。

施工事例

着工前

freefont_logo_gennukigothicpheavy

施工の流れ

何十年もたまった屋根のコケや汚れを高圧洗浄(水洗い)でしっかりと念入りに洗い流していきます。

旧塗膜などをしっかりとケレン作業を行い、下地調整を行っていきます。

その後、下塗り(シーラー下地)をジャブジャブに屋根材に吸わせて

本塗りの塗料を密着しやすい様にしていきます。

次に、本塗りの塗料の中塗りを入れていきます。

中塗りが乾いたら、最後に上塗り仕上げを行っていきます。

勾配が急なため、屋根足場を組んでの作業となりました。

通常の屋根と比べて手間と時間がかかってきます。

freefont_logo_gennukigothicpheavy

仕上がり 完成

長期による劣化により下地の状態が悪く、見た目は綺麗にはおさまりませんでした。

ですが、塗装を施工したことにより、水の侵入を防ぎ傷むスピードをおさえられるので、

このまま放置されるよりは効果的です。

[工事のまとめ]

長期間メンテナンス放置されてしまうと、下地が傷み仕上がりは悪くなってしまいます。

さらに、劣化が進むと塗装では工事できず、

屋根カバー工事や葺き替え工事と選択肢の幅も狭まりますので、定期的なメンテナンスをお勧めします。

轍建築では点検無料で費用見積もりにも対応していますので、

お家の事で気になっている方がいましたら

なんでもご相談してください。

[使用材料・保証期間]

使用材料はSK化研のヤネフレッシュを使用しています。

下地の状態が悪いと、ウレタン塗料もシリコン塗料も耐久年数に変化が出ずらくなります。

スレート屋根の劣化状況によって、メンテナンス後の耐久年数にも影響してきます。

良ければ長く持ちますし、悪いと直ぐに剥離などが起きてしまします。

保証期間は5年保証となります。