横浜市旭区H様の所有されているアパート屋根の塗装工事を施工いたしました。

前回の塗装から10年経たれており、塗装のメンテナンスの依頼を受けて工事に入りました。

今回は屋根塗装工事のみで、勾配もなく作業が問題なくできる状態であったので

仮設足場の設置を行わず工事に入りました。

[施工事例]

着工前 旧塗膜の劣化と軽度の錆の傷みがありましたが、比較的に下地の状態は良好でした。

少し、軽いチョーキングが発生している程度でした。

築年数は経たれていますが、定期的なメンテナスをしっかりされている証拠ですね。

メンテナンス頻度によって、お家の劣化状況が変わってきます。

  

freefont_logo_gennukigothicpheavy

下塗りを入れました。下地材はトタン屋根と本塗りの塗料が密着しやすいように塗る塗料です。

下地を入れるだけでも、綺麗な仕上がりに見えてきます。

freefont_logo_gennukigothicpheavy

中塗りに入っていきます。瓦棒(中央部分)から丁寧に仕上げていきます。

中塗りが完了したらもう一度、上塗りを塗っていき計3回仕上げていきます。

freefont_logo_gennukigothicpheavy

仕上がり完成です。艶ありで仕上げました。

破風の部分もしっかりと塗装しています。

  

屋根の工事の場合は、しっかりと屋根の施工前から施工中、完成までの写真を撮り、

ご説明差し上げています。

今回の工事のように、まったく下から屋根の状況がみえない場合もあるので、写真は徹底しています。

[定期的なメンテナンスのメリット]

今回は下地の状態がしっかりしていたので、塗料ののりがよく作業もスムーズに進み、

築年数が経過していましたが綺麗に仕上がりました。

予算との兼ね合いもあると思いますが、定期的なメンテナンスがお家を長持ちさせて、

結局総合的に無駄な工事をする必要がなく、安く費用が収まる場合があります。

[使用材料、保証年数]

使用塗料はSK化研のヤネフレッシュを使用しています。

総合的に安定した塗料で轍建築ではメインで使用しているお勧め塗料です。

保証年数は完工日から5年間となっています。

屋根塗装工事で気になることや、ご質問だけでもなんでもお気軽に轍建築までご相談ください。