横浜市N様邸にて、瓦棒屋根の塗装工事を施工いたしました。

旧塗膜の剥がれ、錆による劣化が進行していました。

施主様は、今までご自身で塗装工事をされていましたが

施工内容のお話を伺うと錆止めを入れないで、本塗りの塗料を1回だけで仕上げられてきたそうです。

ご自身でのご趣味であるので、すごく良い事ではあります。

ですが、お家にとってはとくに屋根は雨漏りの原因になるヵ所です。

しっかりとした知識を持った上での施工を行わないと

逆に手間と費用が増してしまう場合がありますのでご注意です。

今回はご年配になられ、轍建築にお声をいただきました。

[劣化状況]

旧塗膜の剥がれ、錆の発生

n1  n3

屋根材の防水効果が切れて、内部の下地材まで傷みがありました。

現状では雨漏りがありませんが近い将来は錆の進行が進み屋根材に穴が空き、

雨漏りの原因になってきます。

今回はご相談の末、屋根塗装工事を施工する流れとなりました。

[施工事例]

2人で半日以上かけて、旧塗膜のケレン下地調整を丁寧に行いました。

その後、錆止めを塗っています。

n2
freefont_logo_gennukigothicpheavy 

本塗り塗料で中塗り、上塗りと仕上げていきました。

25

[工事のまとめ]

ケレン作業により、大量に出た旧塗膜の清掃作業を時間をかけしっかりと行いました。

市販の屋根材に適さない塗料を選び塗装してしまったり、下地材を入れずに塗ってしまうと

数年で剥離や剥がれをおこしてしまいます。

出来ればご自身で施工される場合は知識をしっかり得てからの作業をお勧めいたします。

この劣化状況で綺麗に仕上がるのか心配ではありましたが

下地調整をしっかりと行い、3回塗りで仕上げると問題なく綺麗になりました。

瓦棒屋根は劣化スピードが早いので定期的な点検をお勧め致します。

[使用材料・保証期間]

今回の使用塗料は日本ペイントのファインルーフSIを使用しています。

屋根塗装の保証期間は5年間となりますが、状況により保証が出せない場合もあります。