横浜市戸塚区S様邸にて、屋根の修理と塗装工事を施工させていただきました。現状は、一部屋根材(スレート材)の割れやずれ、コケや汚れが発生しており、施主様もそろそろ工事をしなければと雨漏りを心配されておりました。20年間、ノ―メンテナンスであった為、屋根点検作業も慎重に行い状況を確認していきました。

[屋根点検作業]

棟板金の釘浮き、全体的にコケや汚れの発生、屋根材の割れ

s5  s6

棟の板金の釘は経年劣化により内部の下地木材の劣化で釘が抜けてきます。

台風時などによく突風で飛んでしまう事が非常に多くあります。

また、全体的にコケや汚れの発生は屋根材の防水効果が切れてきている証拠となります。雨水を吸収して発生する現象です。

屋根材が経年劣化の影響での割れを確認しました。

飛来物の衝撃の可能性もありますが、傷みによるものの原因が考えられどちらも、これ以上放っておいても良いことはないので、屋根塗材の下地修理を行った後に屋根塗装工事をお勧めさせていただきました。

[施工事例]

高圧洗浄(水洗い)
コケや汚れをしっかりと洗い流していきます。20年分の汚れが取り除かれました。

1  s2

その後、割れヵ所の修理、棟板金の釘の打替えを行い下地調整を行います。

塗装作業に入り、下塗り、中塗り、上塗りと3回塗りで仕上げました。

BEFORE→AFTER
9  s3
freefont_logo_gennukigothicpheavy 10  s4

[工事のまとめ]

今回の工事は、20年間ノ―メンテナンスで塗装工事に入る前までの作業にしっかりと手を入れていきました。

もう少し、メンテナンスが遅れていたら、屋根材の割れも多数出てきていたので

塗装で工事が出来なかったかもしれません。

もちろん、タイミングと予算のご都合もありますが、10年経過したら出来るだけ早い段階での

メンテナンス工事をお勧めさせて頂きます。

施主様にも20年ぶりに新築時みたいに綺麗になったと喜んでいただけました。

[使用材料・保証期間]

使用材料はSK化研のヤネフレッシュSIを使用しています。

屋根塗装工事の保証期間は5年間となります。