横浜市港北区S様邸にてモニエル瓦の屋根塗装工事を施工させていただきました。

施主様は屋根材の表面の劣化と20年ノーメンテナンスで今後が心配になり、

工事のお話を進めさせていただきました。

モニエル瓦は経年劣化で割れなどをおこします。

割れてしまうと修復できない場合がありますので、その場合は交換となります。

[劣化状況]

表面塗膜の剥がれ、釘浮き、瓦のずれ

  yd1

屋根点検を行い、劣化上状況は屋根材が雨水を吸収して、屋根材の剥離や割れを引き起こしていました。

瓦のずれ、下地の一部腐りも確認しました。

これ以上の劣化を防ぐために今回は屋根の塗装工事をお勧めさせていただきました。

[施工事例]

コケや汚れを取り除くためために、高圧洗浄(水洗い)を行います。

freefont_logo_gennukigothicpheavy

モニエル瓦専用の水谷ペイントの塗料で下塗りをジャブジャブに塗っていきます。

本塗りの塗料と屋根材の密着効果を高めます。

freefont_logo_gennukigothicpheavy

中塗りを塗っていきます。

スレート屋根と違いモニエル瓦はガツガツと塗装が出来ませんので、

一つ一つ丁寧に塗装していきます。

freefont_logo_gennukigothicpheavy

中塗り後、もう一度上塗りを仕上げて完了です。

全体写真  

[工事のまとめ]

50坪前後のとても立派なお宅で屋根の大きさとモニエル瓦の塗装工事という事で

長い工事期間となりました。

屋根の大きさがある分、仕上がり後の見栄えはすごく綺麗にみえました。

仕上がりを見て施主様にはご満足いただけました。

モニエル瓦屋根も塗装が必要です。

水が内部に入ってしまうと下地の木材も腐ってしまうので

放って置くと大きな工事に繋がってしまいます。

10年以上経過されている方は、一度点検をお勧めいたします。

[使用材料・保証期間]

今回の使用材料は水谷ペイントのモニエル瓦専用のスラリー強化工法で塗装いたしました。

特徴はスラリー強化プライマーの開発により、脆弱なスラリー層をタイトに補強し、強い付着性を付与します。

その後、環境にも優しい水系シリコンを本塗りの塗料として仕上げました。

屋根塗装の保証の期間は5年間です。