横浜市西区のK様邸にて、屋根塗装を行いました。

築10年目のお宅でしたが、屋根材の割れや、ひび割れ、剥離と、

通常以上の経年劣化スピードで傷みが進行していました。

今回は、下地調整、補修を行った後、塗装で仕上げました。

屋根塗装の施工事例をご紹介します。

劣化状況

コケや汚れ、カビなど発生していました。

屋根材が雨水を吸収している証拠となります。

屋根材が、反りあがったりしてひび割れの原因になります。

屋根材の割れを確認しました。

ひび割れではなく、割れて外れていました。

隙間から、雨水が入り込み防水シートを傷めます。

ひび割れが複数箇所で発生していました。

ひび割れから、屋根材に雨水が染み込んで、屋根材を傷めています。

放って置くと、屋根材の機能が損なわれ、ボロボロ剥がれてきます。

棟板金の釘浮きが発生していました。

釘浮きは、放置してしまうと棟板金が強風時に飛んでしまう事があります。

施工事例

仮設足場を設置して、高圧洗浄を行った後に下地の調整を行っていきます。

その後、下塗りを入れていきます。

屋根材に塗料が染み込むようにしっかりと塗布していきます。

下塗り後に、ひび割れ箇所に、コーキング補修を行っていきます。

コーキングを行う事によって、少しでも防水効果を高めていきます。

また、屋根が割れた箇所も、補修を行います。

下塗りと下地調整・補修が完了です。

棟板金の釘浮きもここまでで、補修しておきます。

翌日に、屋根材が乾いたら、二度目の中塗りを入れていきます。

全体的に、しっかりと塗料を屋根材に塗布していきます。

中塗りの完了です。

中塗りが乾いたら、3回目の上塗りを入れていきます。

3回塗る事によって、塗膜に厚みを付けて、耐久性を向上させます。

棟板金や雪止めも3度塗りを行って、完了です。

仕上がり写真

艶が出て、美観がとても良くなりました。

工事のまとめ

屋根は、気づかぬうちに多くの劣化症状が発生しています。

今回のように、コケや汚れ、割れ、ひび割れ、釘浮き、剥離など、

発生して屋根が傷み、最悪は雨漏りの原因となってしまいます。

そうなってしまう前に、築10年前後ではしっかりと屋根の点検を行い、

劣化状況によって、適切なメンテナンスを行っていく事が大事です。

使用材料・保証期間

今回の使用材料はSK化研のヤネフレッシュSIを使用しています。

シリコンなので、8年~10年の期待耐用年数となっています。

保証期間は、完工日から塗膜5年保証となります。