横浜市南区のN様邸にて屋根の塗装工事を施工させていただきました。

築20年目で、外壁のメンテナンスは10年目で行っていましたが、屋根塗装は一度も

塗装を行われていませんでした。

幸い、屋根に勾配があり水はけが良く、コロニアル屋根の傷みは20年目にしては

傷みの状態は少ない状況でした。

ですが、屋根のは勾配+コケや汚れの発生でとても滑り、作業は慎重に行っていきました。

そんな、N様邸の屋根塗装工事での3回塗りの施工例をご紹介させて頂きます。

劣化状況

屋根材に茶色くコケや汚れが発生しております。

年数通りの、劣化をされています。

とくには屋根材のひび割れなど、

棟板金の釘浮きはありましたが不具合などをみつからず

今回は、屋根の塗装工事のみを行う事になりました。

施工事例 塗装3回塗り~

まず、既存の20年間で屋根にたまった汚れや、そしてコケを高圧洗浄(水洗い)

にて綺麗に洗い流していきます。

写真は、隣でも屋根の工事を行っていた為、お隣の屋根から撮影しました。

高圧洗浄が終わって、翌日まで乾かしていきます。

そのあとに、下塗り(シーラー)を入れていきます。

着色はなく透明で、ノリの役目をする塗料です。

屋根材と本塗り材が密着する様に塗る材料です。

勾配がきついので、腰を傷めないよう気を使って作業しました。

下塗り材が乾きましたら、中塗りを入れていきます。

下塗り材は、すっかりと乾いています。

翌日に中塗りが乾いたら、最終仕上げ上塗りを入れていきます。

上塗りを入れて計3回塗りとなります。

基本的な流れとなります。

さすがに上塗りまでくると、腰を少し傷めてしまいました。

ですが、あと少しなので頑張って仕上げていきました。

上塗りの塗装が終了して屋根の塗装工事はこれで完了です。

艶がとても出て、施工前と比べてとても綺麗になりました。

工事のまとめ

築20年目でも、塗装をしてあげれば新築時のような綺麗な状態に戻りました。

今回のお宅は、まれで20年間ノーメンテナンスできてしまうと、塗料が塗れない程

劣化してしまったり、屋根材が割れたりして雨漏りしてくる場合もあります。

基本的には、築20年以上手を加えないのであれば、屋根板金工事を考えていく形となります。

ですので、出来るだけ予算の都合がつけば屋根のメンテナンスを早期におススメします。

使用材料

今回の使用材料はエスケー化研のクールタイトシリコンを使用しています。

遮熱効果があって、さらにシリコン塗料です。

夏場は多少ですが、涼しく感じることが出来ると思います。