横浜市のK様邸にて、トタン屋根の塗装工事を行いました。

築年数は経過しており、20年間ノーメンテナンスで

屋根の状態は大分劣化が進行してきていました。

下からでは、屋根の状態はわからなく、現状の状態を施主様にお見せしたところ

大変驚かれていました。

このままでは、雨漏りを起こす危険性があるので、早急に対応をおこなっていきました。

劣化の状況

劣化状況は瓦棒の板金の釘が浮いてきており、内部の木下地材も劣化していました。

表面に錆が進行してきていました。

表面い塗膜は剥がれて剥離と全体的も錆の進行です。

施工事例の写真

表面をしっかりとケレン作業(旧塗膜撤去)を行い下地を整えてから

釘浮きの補修とコーキングでの防水施工を行っていきました。

その後、錆止め材をまんべなくしっかりと塗装して下塗りを仕上げ

次に、本塗りの塗料で中塗り仕上げ、乾き次第、上塗りを塗っていきました。

屋根以外にも、木部の塗装(窓枠、破風板、霧除け、軒天、雨樋)の

塗装を行っていきました。

下記写真は、霧除けの上の鉄板部分の下塗り(錆止め)の写真です。

錆止めを塗った後は、またこちらも中塗り、上塗りと塗装していきました

他には、鉄骨階段の塗装も行っています。

鉄骨下段は、旧塗膜と錆による劣化がでてきており、下地調整をサンダーで削り上げて

表面の下地調整をおこなっていきました。

その後、こちらも錆止めを塗っていき、本塗り塗料でしっかりと仕上げました。

工事のまとめ

工事かが無事に完了して、工事施工前とは見違えるほどに綺麗に仕上がりました。

塗装のメンテナンス時期としては、大分遅くなってしまいましたが、何とか

塗装でおさめることが出来たので良かったです。

ですが、劣化してしまった下地などは、塗装工事では復旧できませんので、

やはり、塗装工事で安くメンテナンスコストを抑えていく為には

定期的なお手入れが必要となります。

築10年以上経過進んできましたら、まずは屋根のチェックをしてみてください。