横浜市のN様邸にて、モニエル瓦の屋根塗装を行いました。

築30年以上で、以前日本瓦からモニエル瓦に葺き替えを行い、その後に一度塗装をされて

今回が2回目の塗装となります。

モニエル瓦は塗装が必要で、更に割れやすく、メンテナンスを行うにも気を使います。

そんな、M様邸の屋根塗装工事のご紹介をさせていただきます。

経年劣化

瓦材の割れや、旧塗膜及び表面の塗膜の剥がれてきていました。

防水効果が切れたことにより瓦材が、雨水を多く吸収していたため、

強度が落ちて瓦の割れを起こしていました。

屋根の点検している最中も、気を付けないと瓦が割れてしまう状態でした。

施工事例

塗装を行う前に、高圧洗浄でコケや汚れを洗い取り除いていきます。

高圧洗浄を行うと、旧塗膜が一気に剥がれました。

しっかりと、下地調整を行い、塗装に入ります。

割れた場所にはコーキング補修を行っていき、まずは下塗りをいれていきます。

下塗り材は、モニエル瓦に適した塗料(スラリー強化プライマー)を使用しました。

下地材の劣化が進んでいるときには、普通のシーラーやプライマーでは

効果が薄いため、わかりやく言いますと本塗り用の為の、強めの接着剤を塗っていきます。

下塗りを塗り終えましたら、中塗りをしていきます。

モニエル瓦は、他の屋根材と比べて、波があり工期がかかるので人数を増やして

効率よく仕上げていきました。

最後に、中塗りが乾きましたら、仕上げの上塗りしていきます。

1回の本塗りだけでは塗料が乗り切らない為に、計3回塗ります。

上塗りと最終確認、タッチアップ作業を行いましたら、完了です。

艶が出て、非常にきれいに仕上がりました。

工事のまとめ

今回の工事で、見栄えももちろんですが、塗膜を施したことにより

防水効果を取り戻して、モニエル瓦のこれ以上の劣化を防ぐ事出来ました。

大事なことは、塗装工事では悪くなったものは治せませんので

完全に悪くなってしまう前に、早めのメンテナンスが重要となります。

腐ったり、壊れたり、穴が空いてしまってからでは塗装の出番はなくなります。

工事の保証期間・使用材料

屋根の塗装保証は5年間となります。

また、使用材料は水谷ペイントのナノシリコンを使用しています。

耐久性は上から2番目です。

屋根の塗装工事で気になったことがありましたらお気軽に何でもお問合せください。

専門スタッフがしっかりと対応させて頂きます。