横浜市緑区S様邸にて屋根塗装工事を施工させていただきました。

施主様から屋根が錆びているから何とかしたいとお悩みを受けました。

この、屋根材が茶色くなっている現象は錆ではなくて、

コケや汚れが屋根材に付着して茶色くなっており錆びではありません。

(棟の部分や役物関係は鉄板でできており、錆がでます)

この現象が出ているという事は屋根材の防水効果が切れて、雨水を吸収してしまっている証拠となってきます。

屋根材が劣化を起こしている為、屋根の点検作業を行いました。

[点検作業]

コケや汚れ、棟板金の釘浮きの発生
  sk4

全体的に、コケや汚れと棟板金の釘浮きを確認いたしました。

屋根は滑りやすい状況で点検作業も大変でした。

この屋根の滑りやすが、劣化しているという証拠でもあります。

年数に比例した傷みがでておりましたので、施主様のお悩みを解消するために、屋根塗装工事をお勧めさせていただきました。

[施工事例]

  

まず高圧洗浄でコケや汚れをしっかりと洗い流していきます。

その後、下塗り、棟板金の錆止めをしっかりといれています。

屋根材は専用シーラー下地、棟板金は鉄部にあたる為、錆止めをいれます。

たまに、そのまま錆止め入れずに上塗り材の塗料で終わらせてしまう業者さんもいらっしゃいますが、錆止めはしっかりと入れたほうが持ちはよくなります。

その後は中塗り、上塗りと仕上げて完了となります。

BEFORE→AFTER
  

[工事のまとめ]

施主様には、コケや汚れがなくなって、綺麗になり喜んでいただきました。

この定期的な塗装がお家の寿命を延ばしてくれます。

また、工事完了が終わりではなく、ここがらがお付き合いの始まりとなります。轍建築ではしっかりとアフターメンテナスの対応を行っていきます。

[使用材料・保証期間]

使用材料はSK化研のヤネフレッシュをしようしています。

期待耐用年数は8年~10年ほどとなり、スレート屋根材に適した一般的な屋根塗料となります。

保証期間は5年保証となります。