横浜市泉区O様邸にて、トタン屋根の下屋根部分の葺き替え工事を行いました。

錆による劣化が酷く、ここまで傷んでしまうと塗装で仕上げても

あまり長くは持ちません。すぐに剥がれてしまう可能性があります。

下地の傷みもありましたので、今回は葺き替え工事をご提案させていただきました。

[施工事例]

着工前 トタン屋根の錆が進行しています。

穴の空きはなく、雨漏りも何とか起きてはいませんでが、塗装はできない状態です。

  

freefont_logo_gennukigothicpheavy

既存トタン屋根の解体撤去を行っていきます。

下地の状態が湿っており内部に水が回っていた事が確認できました。

下地調整を行い、新規コンパネ張りを行っていきます。

そのあとに、防水シート(アスファルトルーフィング)を張り上げていきます。

DSC04411  DSC04413

freefont_logo_gennukigothicpheavy

防水シートを張り上げましたら、

次に新規屋根材立平ロック(ガルバリウム鋼板)を張り上げていきます。

DSC04415  DSC04416

freefont_logo_gennukigothicpheavy

全部張り上げましたら、各種役物取付け、雪止め取付け

防水処理を行い完成です。

DSC04512  DSC04513

[工事のまとめ]

3日間の工事が無事に完了しました。今回のように、部屋内に雨漏りしていなくても、

下地(内部)に水がまわって下地を腐らせている案件が多々あります。

このような状態ですと、よく台風などの雨風、で雨漏りする場合があります。

トタン屋根に錆が出始めたら、早めの点検及びメンテナンスをお勧めします。

早期であれば塗装で仕上がります。

轍建築では、屋根の無料点検調査をやっておりますので、現状の屋根がどんな状態なのか、

メンテナンスが必要なのか知りたい!という方がいましたら、お気軽にお声かけ下さい。

[使用材料・保証期間]

使用材料はセキノ興産の立平ロックを使用しています。

立平ロックは、丈夫で軽く、ガルバリウム鋼板での材質のため

耐久性は非常に高く、半永久的にメンテナンスが不要です。

保証年数は完工日から10年間となります。