横浜市保土ヶ谷区I様邸に金属屋根からスレート屋根に葺き替えを行いました。

10年以上前にスレート屋根から金属屋根にカバー工事されましたが、

その時の施工不良で内部に水が侵入して下地を傷めたり、

屋根材のヘコミ割れ等がおきていた為、交換することになりました。

[劣化状況]

屋根材の剥がれ、棟板金の釘浮き

24  27

屋根材の剥がれを確認しました。

下地の腐りの影響で複数ヵ所で屋根材が剥がれて、水が中に入り込んでいました。

金属屋根は外れかかっており、屋根の機能をはたしていませんでした。

25  26

以前、錆や傷みが出てきたため、施主様がご自身で金属屋根の塗装を行った際に、

へこんでしまった屋根材です。

錆もまた出てきていました。

屋根材としての機能をはたせていないので、屋根の葺き替え工事を行うことになりました。

[施工事例]

BEFORE 着工前

  

freefont_logo_gennukigothicpheavy

既存、金属屋根解体撤去を行っていきます。

新規コンパネ張りを張り上げていき

新規防水シート(アスファルトルーフィング)を張り上げ

新規スレート屋根を葺いて

雪止め金物の設置と棟板金の設置を行っていき完了となります。

AFTER 完工

  

[工事のまとめ]

増改築ヵ所の屋根材が、スレート屋根葺きであったため、

デザインの統一のため、新規屋根材もスレート屋根を選びました。

今回の工事で剥がれ等、隙間がなくなり雨漏りの心配はなくなりました。

昔に流行ったカバー工法での金属屋根やモニエル瓦のカバーは

当時はまだ商品技術等が未発達でしたので欠陥品が多く、不具合が多く生じています。

もし、当時の10年以上前の屋根材でカバー工事を行った場合は念のため点検調査をお勧めします。

[使用材料・保証期間]

使用材料はケイミューのスレート屋根材を使用しています。

保証年数は完工日から10年間の保証となります。