横浜市西区N様邸にて屋根の葺き替え工事を施工させていただきました。

15年前に他業者さんにて屋根のカバー工事を施工されましたが、

天井に雨染みや、軒天井が剥がれて雨漏りがおきてしまいました。

保証はとくになく、残念ながら新規で工事を行うしかない状況でありました。

[劣化状況]

屋根材の傷み

sm2  sm3

コーキング材が劣化して隙間が多く、釘の浮き、屋根材の劣化によりるコケや汚れが出ていました。

このタイプの屋根は昔、流行りましたが、今は製造されていません。

雨漏りもおこしていますので、施主様とご相談の結果、屋根の葺き替え工事を行うことになりました。

[施工事例]

施工前

freefont_logo_gennukigothicpheavy

既存瓦屋根の解体撤去を行って処分していきます。

新規コンパネベニヤ張りを行っていき、防水シート(アスファルトルーフィング)張り

を行い、各種役物の取付け設置していきます。

freefont_logo_gennukigothicpheavy

新規ガルバリウム屋根を本張りしていきます。

その後、棟の板金や雪止め金具などの取付けを行っていき完成となります。

工事のまとめ

工期は足場設置なども入れて、6日間の日程でした。

このタイプの昔流行した、屋根材は欠陥品が多くて問題がよく発生しています。

ガルバリウム鋼板が出来る前で、以前のカバー工事はこの屋根が主流でした。

時代は変わって現在はこのタイプは販売していませんのでご安心ください。

施工後は雨漏りが止まり、無事に工事が完了しました。

施工後もアフターメンテナスで定期的に不具合がないか確認に伺います。

[使用材料・保証期間]

今回の使用材料はセキノ興産の立平ロックを使用しています。

新築時はトタン屋根のため屋根勾配が少なく、新規屋根材が限定されてしまいます。

そんな、勾配が少ない時によく使う屋根材がこちら立平ロックとなります。

屋根葺き替え工事の保証期間は10年間となります。