横浜市保土ヶ谷区S様邸にて、瓦屋根の葺き替え工事を施工させていただきました。

既存屋根はモニエル瓦の築25年のお宅で今まで屋根はノーメンテナンスで使われてきました。

お問合せいただき、屋根の現状の調査を行いました。

[劣化状況]

モニエル瓦材の表面の剥がれ、割れ

sw1  7

屋根の調査を行いました。まずモニエル瓦の経年劣化による表面の剥がれを確認しました。

モニエル瓦は日本瓦と違い、20年前後位でメンテナンスの必要時期がきます。

今回は30年以上何も手をつけられていないという事で

屋根材が長期間水を吸い込み続け、寿命をむかえていました。

歩くときに気を付けないと、すぐに屋根が割れてしまう状況です。

一部に下地の腐りや劣化を確認しました。

塗装工事はまずできませんので、先々のことを考えて屋根の葺き替え工事を

ご提案させていただき工事を進めさせていただきました。

[施工事例]

<施工手順>

既存瓦屋根の解体撤去を行っていきます。

木下地コンパネを張っていきます。

防水シート張り、

各種役物取付を行います。

sw2  sw3
freefont_logo_gennukigothicpheavy

新規屋根材(ガルバリウム鋼板)の本張りと雪止め金具の設置を行い

棟板金を仕上げて完成となります。

8

[工事のまとめ]

施工前の瓦屋根の色がオレンジ調でしたので、

新規屋根材もオレンジ調のテラコッタという材料で仕上げました。

一緒に外壁と木部鉄部の塗装工事も行い全体的に綺麗になりました。

屋根の心配もなくなりましたので施主様にはお喜びいただけました。

今回は葺き替え工事での施工となりましたが

年数によって傷みが少なければモニエル瓦も塗装工事で問題ないです。

塗装を行うだけで耐久性が向上して長持ちいたします。

屋根のことでわからない事、ご不明点がありましたら、お気軽にご質問ください。

[使用材料・保証期間]

今回使用した材料はニチハの横暖ルーフ、テラコッタを使用しています。

デザイン性があり、お家のイメージががらりと変わってきます。

屋根葺き替え工事の保証期間はメーカーと轍建築にて10年間となります。