瓦棒屋根は、緩い屋根勾配でも対応できて昔から多く使われてきた屋根材です。

ですが、経年劣化の進行が早く、メンテナンスコストが高くついてしまう事が難点でした。

瓦棒屋根は素材が鉄板で赤錆が出やすく、5年に一回は塗装しなければなりませんでした。

また、屋根のつなぎ目に取りつけてある心木も腐りやすく、雨漏りの原因になります。

その欠点を克服して、耐久性の向上に進化した新しい屋根材が立平葺きです。

素材がガルバリウム鋼板を使用していて、耐久性に優れており、

また、つなぎ目に心木を使用していないので、木材が腐ることもありません。

メンテナンスはガルバリウム鋼板のため、20年ほどは問題ないと言われています。

このように瓦棒と立平葺きでは、見た目は似ていますが、機能性は違いがあるのです。

それでは瓦棒屋根から、立平ロックに葺き替えた事例をご紹介します。

施工事例

仮設足場設置

屋根葺き替え工事の際には、2F以上の作業の場合には必ず仮設足場を設置していきます。

足場無しでも施工を行う業者さんもいますが、万が一のことを考えると、

施工主様にもご迷惑をかけてしまう為、轍建築では行っておりません。

既存屋根の解体撤去作業

既存の瓦棒屋根、棟板金、各種役物等一式

解体して撤去していきます。

旧防水シートまで残して、清掃を行っていきます。

新規ベニヤ張り

新規で、12mmベニヤを増し張りしていきます。

新規ベニヤは、垂木にビス止めを行い固定していきます。

防水シート張り

ベニヤを張りましたら、防水シート(改質ゴムアスファルトルーフィング)

を張っていきます。

 新規屋根材本張り

一枚一枚、新しい屋根材をビス止めしていきます。

棟板金新設

新規の屋根材(各種役物含むO)を張り終えましたら、

屋根のちょうど中央部分の棟板金を取付けていきます。

下地に貫板を取付けていきます。

仕上がり完成

仮設足場を解体して完了です。

工事日数は、足場設置含めて5日間ほどです。

仮設足場に2日間

解体、ベニヤ、ルーフィング新設に1日

新規屋根張りに2日間です。

屋根の大きさや作業人数などによって日程は大きく変わってきます。

ですが、解体からルーフィング張りまでは、基本的に雨が降られてしまうと、

雨漏りしてしまうので、1日で仕上げていきます。

まとめ

近年では屋根勾配の少ない屋根材には、この立平葺きがメインで使用されています。

瓦棒屋根はほとんど使用されなくなっています。

耐久性能から考えると、ガルバリウム鋼板の方がやはり優れているからです。

費用は、多少鉄板の瓦棒の方が安価ですが、気になる費用差はありません。

屋根勾配の少ない屋根での葺き替えをお考えなら、立平葺きはおススメです。