瓦棒屋根は、素材が鉄板でできたトタン屋根・縦葺き屋根とも言われています。

主に、屋根勾配が少ない場合に使用されています。

鉄板のため、経年劣化すると錆が発生して、放置すると鉄板が腐り穴が空きます。

そこから、雨漏りなどの原因となります。

メンテナンス方法としては、「塗装」「カバー」「葺き替え」があります。

築10年~20年目までは、塗装を行い、それ以降は葺き替えがおススメです。

また、屋根材の継ぎ手部分には、心木という木材を使用しています。

縦葺きの場合には、雨仕舞の都合で必要な箇所ですが、

とても腐りやすくメンテナス方法としては、交換(葺き替え)の他ありません。

そのため、近年では心木無しの瓦棒葺きが主流となっています。

心木なしの施工事例↓↓

瓦棒屋根から立平ロックに葺き替えた施工事例

心木なしの屋根材↓↓

立平ロックの特徴

今回は、瓦棒屋根から瓦棒屋根(心木がある)へ葺き替えた施工事例のご紹介をしていきます。

施工事例

仮設足場設置

屋根葺き替え工事の際には、2F以上の作業の場合には必ず仮設足場を設置していきます。

足場無しでも施工を行う業者さんもいますが、万が一のことを考えると、

施工主様にもご迷惑をかけてしまう為、轍建築では行っておりません。

既存屋根の解体撤去作業

既存の瓦棒屋根、棟板金、各種役物等一式

解体して撤去していきます。

旧防水シートまで残して、清掃を行っていきます。

新規ベニヤ張り

新規で、12mmベニヤを増し張りしていきます。

新規ベニヤは、垂木にビス止めを行い固定していきます。

防水シート、心木の取付け

新規ベニヤを張り終えましたら、防水シートを張っていきます。

その後、等間隔で心木を設置していきます。

新規瓦棒屋根本張り

最後に新規の屋根材の取付けを行います。

各種役物、棟板金も設置して完了です。

瓦棒屋根は比較的安価なお値段で、軽量、どのような勾配でも対応できる点がメリットです。

デメリットは、耐久性が低いことと、鉄板の厚さが薄いので雨音が気になる点です。

まとめ

瓦棒屋根は、良い面もありますが最大の欠点は耐久性が低い事です。

鉄板のためどうしても錆びやすく、経年劣化が進むと塗装しても剥がれやすいです。

塗装を5年周期で行わなければいけない状況もあります。

そのため、早い時期での葺き替え工事という選択肢となる場合が多いです。

今回は、瓦棒屋根から瓦棒屋根へ葺き替えた場合の施工事例でしたが、

これから葺き替えをお考えの方は、心木なしの瓦棒屋根(ガルバリウム鋼板)、

もしくは勾配によって他の屋根材も検討されると良いと思います。

日進月歩で日々新しい屋根材が開発されているので、

ご予算と状況に応じていろいろな屋根材を比べていくと良いと思います。