日本瓦からジンカリウム鋼板への屋根葺き替え工事の施工事例となります。

粘土瓦は、とても耐久性が良く昔では主流の屋根材として使用されてきましたが、

大地震が発生した際に、倒壊率が粘土瓦屋根のお宅は非常に高く、

近年では、耐震性に強い軽い屋根材へと変わりはじめました。

まず、コロニアル屋根が流行した後、さらに軽くて耐久性が良いガルバリウム鋼板が流行りました。

ですが、最近ではガルバリウム鋼板よりも耐久性が良く注目されているのがジンカリウム鋼板屋根です。

メーカーでは、30年保証を出すほどにその耐久性は優れていて、

ジンカリウム鋼板へ葺き替えるお宅が、増えてきています。

粘土瓦も耐久性に優れていますが、瓦以外の漆喰や瓦の破損、番線の切れなどが発生して、

細かいメンテナンスは必要でした。

このジンカリウム鋼板であれば、細かいメンテナンスも不要で、地震の影響も軽減します。

屋根材の重量は、粘土瓦・セメント瓦の約1/7の重さです。

今回は、粘土瓦からジンカリウム鋼板へ葺き替えた場合の施工事例をご紹介します。

施工事例

仮設足場設置

屋根葺き替え工事の際には、2F以上の作業の場合には必ず仮設足場を設置していきます。

足場無しでも施工を行う業者さんもいますが、万が一のことを考えると、

施工主様にもご迷惑をかけてしまう為、轍建築では行っておりません。

既存屋根の解体撤去作業

既存の瓦屋根を解体撤去していきます。

一枚一枚瓦を解体して、下地の桟木も解体処分していきます。

新規ベニヤ張り

解体後の屋根の清掃を行ったら、新規ベニヤを増し張りしていきます。

12mmのラーチベニヤを使用して垂木に打ち込んでいきます。

(古い野地板に屋根材を張ってしまうと、ビスがきかずに不具合が生じる可能性があります。)

防水シート張り、各種役物取付け

ベニヤを張り上げたら、防水シートを張っていきます。

その後、各種役物(ケラバ、水切り)の取付けを行っていきます。

切妻屋根のため、役物設置も複雑にならずにすみます。

ジンカリウム鋼板屋根本張り

役物の設置が完了したら、本体を張っていきます。

棟カバー取付け

最後に、屋根の面と面の取合い部分のちょうど天辺に役物(棟)を取付けていきます。

棟の素材もジンカリウム鋼板で自然石粒仕上げとなっています。

完成

最終確認を行い、仮設足場を解体してお引渡しとなります。

まとめ

美観に優れたジンカリウム鋼板ですが、ガルバリウム鋼板に比べて、

まだまだ、知名度が少ない屋根材です。

費用面に関しても、ガルバリウム鋼板に葺き替えた場合と比べて、

費用差はジンカリウム鋼板の方が少し高いくらいです。

耐久性を求めるのならば、30年保証が付いている、この屋根材がおススメです。