セメント瓦は、セメントを主成分とした屋根材で、粘土瓦と比較すると耐久性が劣り、メンテナンスが必要な屋根材です。

劣化症状として、セメント瓦のひび割れや、瓦のずれ、表面の剥離などが発生して、経年劣化が進むと雨漏りの原因にもなります。

メンテナンス方法としては、「瓦の補修」「瓦の塗装」「葺き替え」があります。

築10年~20年目までは、塗装を行い、それ以降は葺き替えがおススメです。

また、セメント瓦は重たく、耐久性も低いため現在ではあまり使用されていません。

今回は、築30年目を経過したお宅を例にセメント瓦から、近年では主流の横葺き屋根(ガルバリウム鋼板)に葺き替えを行った施工事例をご紹介します。

施工事例

仮設足場設置

屋根葺き替え工事の際には、必ず仮設足場を設置していきます。

足場無しでも施工を行う業者さんもいますが、万が一のことを考えると、施工主様にもご迷惑をかけてしまう為、轍建築では基本的には行っておりません。

既存屋根の解体撤去作業

一枚一枚、瓦を解体して、下に撤去していきます。

桟木も解体して撤去します。

清掃

解体後は、屋根表面は汚れています。

屋根材の土や汚れなどを、キレイに清掃を行っていきます。

清掃完了

既存の下地と防水シートは残していきます。

新規ベニヤ張り

清掃し終わった屋根表面に、12mmのラーチベニヤを新規で全体的に張り上げていきます。

防水シート張り

全体的にベニヤを張り上げましたら、次に防水シート(アスファルトルーフィング)

を張り上げていきます。

防水シートのことを二次防水といいます。

本葺きの屋根材の中に雨水が入っても大丈夫なように二次防水を張っていきます。

ガルバリウム鋼板屋根本張り

防水シートを張り上げましたら、ガルバリウム鋼板を本張りしていきます。

また、本張り屋根材を一次防水と呼んでいます。

同時に、雪止め金具や各種役物(ケラバ板金、唐草、谷板金、雨押えなど)を取付設置していきます。

ガルバリウム鋼板は、軽量で耐久性も高く、意匠性にも優れます。

更に、表面が遮熱鋼板を使用し、断熱材も含まれており、遮熱性、断熱性、遮音性にも優れた屋根材となっております。

棟板金取付け

ガルバリウム鋼板を張り上げましたら、屋根の面と面が重なり合う部分の、棟部分の板金材を取付けていきます。

最後に、再度清掃を行い、各種コーキングにて防水作業を行いましたら完了です。

まとめ

セメント瓦は、耐久性能が粘土瓦の半分くらいと言われています。

また、重量もあり、美観も崩れやすいので正直あまり良い屋根材とはいいづらいです。

近年では軽量で耐久性に優れて、さまざまな効果が期待できる屋根材が各メーカーにてたくさん開発されてきています。

年数も20年以上たち、経年劣化が激しい場合や地震などの影響が気になる方は、セメント瓦から横葺き屋根(ガルバリウム鋼板)などへ葺き替えを検討してみてください。