横浜市南区U様邸にて、屋根カバー工法で工事を行いました。

屋根点検をされた際に、棟板金を止めている釘が何ヵ所か浮いている所があったり

スレート屋根自体には経年劣化による防水効果がなく、

苔や藻などヒビ割れも確認できました。

当初、棟板金釘の打ち直し後に屋根塗装をお考えでしたが、

施主様が屋根材の【ガルバリウム】をご存じで商品の良さ、

先々の屋根を考えられガルバリウムにされました。

既存のスレート屋根に、しっかり防水シートの【ルーフィング】を張り、

その上からガルバリウムを張っていく【カバー工法】での作業です。

劣化状況

写真左は、棟板金の釘が浮いてしまっている状態です。

写真中は、屋根全体が経年劣化により防水効果がない状態です。

写真右は、屋根材にヒビ割れや苔を確認しました。

施工事例

既存スレート屋根材の上にルーフィングを張ります。

ガルバリウム鋼板屋根本体の荷揚げを行い、

それぞれの面の軒先から上に向かって屋根材を張っていきます。

同時に雪止め金物を取付け設置していきます。

全ての面が張り終わったら、仕上げに棟板金を取付けます。

細かい防水処理を行っていき、完成仕上りとなります。

工事のまとめ

当初、お考えでした塗装作業でしたら何年か経ち再び塗装をしなければ

いけません。その時にはスレート屋根自体の寿命もありますので塗料ののりが

悪くなっていたと思います。今回、ガルバリウム工事をされまして定期的な点検は

必要ですが今後、屋根に対して大きな工事をしなくてよくなります。

使用材料・保証期間

アイジー工業 『スーパーガルテクト』色は、シェイドモスグリーンです。

アルミニウムと亜鉛の鋼板ですので錆などに大変強く、メーカー保証が(塗膜・赤錆
15年保証)(穴あき25年保証)となっております。

屋根材にもいろいろな種類と工法がありますので、

ご不明点やご質問などがありましたら轍建築までお気軽にお問い合わせ

ご相談ください。