横浜市南区M様邸にて屋根のカバー工事をスーパーガルテクトを使用して施工を行いました。

10年前に塗装工事をされましたが、塗膜の劣化が始まり、

再度メンテナンスの時期に入ってきました。

施主様のご要望で、二パターンのお見積もりをご提案させていただきました。

内容は屋根の塗装工事のお見積もりと屋根カバー工事をした場合のお見積もりです。

ご相談の末、将来的なランニングコストを考えて、屋根カバー工事をお選びになられました。

[施工事例]

塗膜の劣化、ひび割れの発生を確認しました。

前回塗装した塗膜は劣化しており、防水効果が切れはじめていました。

dsc06931

freefont_logo_gennukigothicpheavy

既存の棟板金とケラバ板金を解体撤去していきます。

dsc08026-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

freefont_logo_gennukigothicpheavy

スレート屋根の上から新規防水シートをまんべんなく張り上げていきます。

dscn0061

freefont_logo_gennukigothicpheavy

防水シート張り後に新規ガルバリウム鋼板を本張りしていきます。

同時に雪止め金具を取付けていきます。

dscn0077

freefont_logo_gennukigothicpheavy

天窓がある場合は、天窓用の板金を取り付けていきます。

この天窓からの雨漏りは非常に多いです。

しっかりと板金後に防水処理を行い仕上げていきます。

dsc08035-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

freefont_logo_gennukigothicpheavy

ガルバリウム鋼板の本張りが仕上がり完了です。

dscn0071

freefont_logo_gennukigothicpheavy

最後に新規棟板金を取付けていきます。こちらは木下地となります。

dsc08034-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

freefont_logo_gennukigothicpheavy

谷板金も仕上げていきます。

dscn0084

freefont_logo_gennukigothicpheavy

全ての防水処理、板金が取付け終わりましたら完成です。

dsc08046-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

[工事のまとめ]

施工手順は基本的にこの流れになります。

屋根の形状が複雑なほど、雨漏りしやすかったり、工事に対しても

役物板金が増えて、手間もかかり予算も上がってきます。

塗装工事の場合は、何度もメンテナンスが必要になりますが、

屋根カバー工事での施工は色あせは致しますが、

基本的に20年以上はメンテナンス不要になり、お勧めな工法です。

仕上がりも重量感があり、とてもデザイン性に優れます。

[使用材料・保証期間]

今回の使用材料はアイジー工業のスーパーガルテクトを使用しています。

保証期間はメーカー保証10年間、施工保証が10年間となります。

屋根材量の事で、ご不明点等ありましたら、お気軽にご相談ください。