横浜市都筑区A様邸にて屋根のカバー工事の施工を行いました。

コケや汚れによる経年劣化のより、お問合せいただきまして現場調査とお見積もりを行いました。

屋根塗装工事と屋根のカバー工事と2パターンのお見積もりをご提案させていただき、

先々を考えて屋根カバー工事の施工となりました。

[劣化状況]

棟板金の浮き、コケや汚れの発生

DSC05554  DSC05559

20年間、ノーメンテナンスで、コケや汚れがびっしりと発生していました。

ここまで、劣化が進むと下地の屋根材の塗料の密着が悪く、剥離がおこりやすくなってきます。

棟板金の浮きもあり塗装できなくもないでが、将来的なランニングコストを考えて

屋根カバーをご提案させていただきました。

[施工事例]

防水シート張り(アスファルトルーフィング)

DSC05999  DSC05860

freefont_logo_gennukigothicpheavy

役物取付け(水切りスターター、ケラバ板金、棟板金の交換)

DSC06000  DSC06027

freefont_logo_gennukigothicpheavy

防水処理を行い仕上がり完成 全体写真

  DSC05998

[工事のまとめ]

今回の工事のように、2パターンで塗装か屋根カバー工事で迷う場合がよくあります。

決め手としては、あとお家を何年使われていくかで判断をしていきます。

S様邸は、中古住宅を購入されて、お子様も小さくまだこの先20年ほどは使われていくとのことでした。

今回塗装しても次回は屋根カバー工事を施工しなければいけなくなってきますの。

そうなると結局、塗装代金が無駄になってしまいます。

初めから、屋根カバーで施工してしまった方が

塗装費用が発生しなくなりますのでお得になります。

もちろん、その時の経済状況にもよりますので、そこは要相談となります。

こちらは、あくまでアドバイスはさせていただきますが、最終的なご判断はもちろん施主様となります。

[使用材料と保証期間]

使用材料は旭ファイバーグラスにリッジウェイという商品になります。

メーカー、轍建築とともに保証期間は10年間となります。

屋根工事にてわからないこと気になることがありましたら、なんでもお気軽にご相談ください。