横浜市保土ヶ谷区Y様邸にてガルバリウム鋼板を使用して屋根のカバー工事の施工をさせていただきました。

真隣りで工事中に、お声をかけていただき工事のお話をいただきました。

以前、他の業者さんで外壁の張替工事を行っておりましたが、屋根は施工していなく

経年劣化による、塗膜が劣化していました。

[劣化状況]

屋根材の塗膜の劣化

  my2

棟板金の浮き

my1

塗膜の劣化と細かいひび割れが複数ヵ所にまばらに発生しておりました。

防水効果が切れ始めているので、雨水を吸収して屋根材を傷めえてしまう原因になります。

また、棟板金の釘も浮いており板金材が半分外れてました。

強風時にこののままですと飛んでしみます。

メンテナンスの時期は来ておりましたので、今回は屋根の塗装工事とカバー工事と

2パターンでご提案させていただきました。

ご相談の末、耐久年数、遮熱、断熱、遮音効果にご関心いただき、屋根カバー工事で入ることとなりました。

[施工事例]

まず既存の棟板金、雪止めなどの解体処分を行います。、

その後、防水シート(アスファルトルーフィング)張り、

新規屋根材(ガルバリウム鋼板)を張り上げていきます。

新規棟板金や雪止め金具などを取付けて

仕上がり完成となります。

厚みがでて、重厚感でてデザイン性が優れていますね。

  

[工事のまとめ]

色はギングロとお家が引き締まりました。

スレート屋根と違い、基本的にはノーメンテナンスでいけますので

将来的なランニングコストが抑えられます。

耐久性も抜群で安心の10年保証となります。施主様にも喜んでいただけました。

[使用材料・保証期間]

今回、使用した屋根材はニチハの横暖ルーフのガルバリウム鋼板を使用しました。

デザイン性、耐久性、断熱、遮熱、遮音、防火性能等揃えており、重さも軽量でカバー工事をしても問題ありません。

屋根カバーの保証期間はメーカーと施工店にて10年保証がつきます。