新築時から10年目でお勧めな屋根カバー工事とは

fotolia_74385120_subscription_monthly_m

新築時から10年目になると、外壁と屋根のメンテナンスの時期に入ってきます。その際に、一般的なイメージとしては外壁塗装と屋根塗装工事をお考えになられると思います。

弊社のHPでも、築10年目は外壁塗装と一緒に屋根の塗装をお勧めする記事を掲載させていただいています。

横浜市の塗装業者が教える「屋根塗装のタイミング」と「賢い業者の選び方」

ですが、状況によっては屋根塗装ではなく、屋根のカバー工事がお勧めさせていただくこともあります。

お勧め理由の前に屋根カバー工事ってどんな工事なのかはこちらを

屋根カバー工事とは

対象のお宅は、瓦屋根ではなくスレート屋根限定となります。スレート屋根とは

屋根材について

屋根カバー工事がお勧めな理由

1q2

それでは、なぜ屋根カバー工事がお勧めなのかをご説明します。

屋根の塗装のメリットは塗装で十分耐久性が維持できて屋根材の寿命を延ばすことができます。更には、安価な料金設定で費用負担が少なくて済むということが一番ではないでしょうか。

ですが、同時にデメリットもあり塗装の塗膜は10年が寿命であり、またメンテナンスが必要になります。10年ごとに塗装をして30年ほどは持つといわれていますが、ただその30年後は塗装では厳しいため屋根カバーか葺き替え工事という流れとなってきます。

その為、長くお家を使われていくお宅であればあるほど、屋根カバー工事をお勧めします。この長期的な目線で見たときが、凄くポイントではあります。

屋根カバー工事のデメリットは初期費用はかかりますが、最近の屋根材はガルバリウム鋼板など耐久性に優れた屋根材が増えており、表面の色あせは別として耐久性は半永久的ともいわれています。

結果、将来的なランニングコストを考えると塗装よりも遥かに経済的にお得になります。

新築時からガルバリウム鋼板であればベストですが、スレート屋根の場合は、外壁塗装時と一緒に屋根カバーを行えば、先々のメンテナンスが不要になりこれだけお得です。

(例)

屋根塗装の場合  屋根面積60㎡ 20万円×3回+30年後の屋根カバー工事代金

屋根カバーの場合 屋根の面積60㎡ 65万円のみ

※あくまで費用例です。実際の工事費用とは異なります。



このような理由から築10年目で、状況によっては屋根カバー工事がお勧めとなります。

状況とは、屋根材がスレート屋根、長期的にお家を使われていく予定がある方、ご予算に余裕を持てる方です。

よく頂くご質問の中に、「10年目で外壁塗装だけをして、20年ぎりぎりまで屋根を持たせてから、屋根カバー工事ではだめなんでしょうか?」

A.弊社としてはあまりお勧めはさせていただいていません。

理由は、20年間ノーメンテナンスだと雨漏りする場合があるからです。築16年~築18年位の時期に雨漏りを起こして、工事をさせていただいたお宅が沢山あります。

逆に20年以上ノーメンテナンスでも雨漏りされていないお宅ももちろんあります。ただ、こればかりは言い方が悪いですがギャンブルにはなります。

雨漏りをしてしまうと余計な費用がかかる場合が多いので無駄な出費となってしまいます。

弊社としては20年後に屋根カバーされるのならば、10年目での屋根カバーをお勧めしております。

まとめ

屋根・外壁リフォームといってもさまざまな工法や商品の種類などがあり、そのお家によってベストな工法や商品は違います。

最適なプランでの工事を進めるには、良いリフォームプランナーが必要不可欠だと思います。

良い業者をみつけて、しっかりとご相談されることをお勧めします。

横浜市外壁塗装をお考えなら轍建築へ

会社名 轍建築
営業事務所 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南5-1-24
電話番号 0120-156-187
URL http://wadachi-kenchiku.com/