横浜市保土ヶ谷区のK様邸にて、屋根カバー(重ね葺き)工事を行いました。

屋根の瓦が剥がれ落ちて、風災保険で工事を施工しています。

屋根の劣化状況

スレート瓦が剥がれていました。

棟周りの釘が緩み、スレート瓦が全体的にずれていました。

棟板金の下地が傷んで釘が浮いていました。

屋根カバー(重ね葺き)の施工事例

仮設足場を組んでいきます。

屋根勾配や屋根材にもよりますが、基本的に仮設足場の設置は必要です。

今回は、外壁塗装と一緒の施工のため、高圧洗浄で屋根のコケや汚れを綺麗に洗い流していきました。

既存の棟板金と木下地、雪止め金具を解体していきます。

棟板金、雪止め解体後、防水シート(改質ゴムアスファルトルーフィング)を全面に張り上げていきます。

防水シート設置後、軒先に水切りを取付けていきます。

端部にケラバの捨板を取付けていきます。

面の重なり部分に谷板金を取付けていきます。

各種役物設置後に、新規屋根材を本張りしていきます。

使用材料は、ディーズルーフィングのディプロマットスターを葺いています。

ディプロマットスターは、ジンカリウム鋼板でメーカー30年保証、遮熱性・遮音性に優れます。

ディーズルーフィングの中でも、ディプロマットスターは、安価な費用設定ですがデザイン性に優れています。

新規屋根材を設置後、棟役物を取付けていきます。

下地にタ樹脂製タフモックをビスで固定していきます。

先ほどのケラバ捨板に同質の棟ケラバを取付けます。

役物が板金仕様よりも、同質(ジンカリウム鋼板)での取付の方が高級感が増します。

先ほどのタフモックに同質の棟カバーを取付けて、取合いにコーキングを塗っていきます。

コーキングに上から自然石粒を撒いていきます。

コーキングも自然石粒を付着させることにより、屋根に一体感がでます。

大屋根の完成です。

玄関上の屋根の施工に入っていきます。

水切り、流れ用壁捨板を取付けていきます。

雨押えの下地にタフモックを取付けていきます。

同質雨押えを取付けて、上部をコーキングで仕上げます。

玄関上の屋根の完成です。

色は、オニキス(黒)を使用していきました。

工事のまとめ

工事期間は、3日間でした。

葺き替えと比較して、カバー(重ね葺き)は、既存屋根を解体しない分、工期も費用も抑えることができます。

ですが勾配があり、複雑な形状の屋根の場合は工期や費用も変わってきます。

しっかりとしたお見積りを知りたい場合には、現地調査は必須となります。

今回、使用したディーズルーフィングのジンカリウム鋼板は耐久年数も長く、おススメの屋根材の一つです。

屋根工事の際は、ディーズルーフィングのディプロマットスターもご検討してみてください。