横浜市南区のS様邸にて、屋根カバー工法(重ね葺き)を行いました。

ご近所様で工事中にお隣様をご紹介頂いての工事の対応でした。

現地調査を行ったところ、屋根の素材や劣化が進行してたので、屋根塗装ではなく屋根カバーをご提案させていただきました。

劣化状況

既存のコロニアル材の劣化が進行しており、割れている箇所やひび割れ箇所を複数確認しました。

放って置くと、最悪は雨漏りの原因になりますので早めの対処が必要となってきます。

既存屋根材は、ニチハのパミール(コロニアル屋根材)で、とても不具合が起きやすい素材です。

その他、コケやカビが発生しており、屋根材が雨水を吸収しています。

棟板金の釘浮きは、下地の劣化が進行すると抜けやすくなります。

棟板金の下地の劣化は、板金の浮きや強風時に飛んでしまう要因となります。

施工事例

施工前です。

仮設足場の設置後に既存の棟板金や雪止めを解体撤去していきます。

電動スライド式荷揚機(スライダー)で、廃材や新規屋根材・材料を上げたり下ろしていきます。

今回の使用材料は、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用していきました。

耐久性能も高く、断熱性・遮熱性・遮音性など付加効果も期待できます。

メーカー保証は、赤錆15年・穴あき25年保証です。

防水シートには、KMEWのノアガードⅡを張っています。

その後、各種役物を設置してスーパーガルテクトを本張りしていきます。

屋根材の継ぎ手には、下地に水切りを取付けて、雨水の侵入による劣化を現象させていきます。

1820mm間隔で、2箇所雪止め金具を設置していきます。

端部のおさまりは、ケラバ板金を設置していきます。

 

板金を加工して、下地を組んでいきます。

下地が木材でないので、腐ることはありません。

長期の下地強化につながります。

板金下地の上に、新規棟板金を取付けていきます。

下屋根の壁との取り合いは、雨押え板金を設置します。

最後、板金上部はコーキングにて防水処理を行い仕上げていきます。

仕上がり完成です。

ブラウン色ですが、日の当たり加減で色合いは変わってきます。

工事のまとめ

工事期間は、4日間でした。

年末にて、現場数も増え忙し時期の工事でした。

忙しいと言えど、屋根は雨漏りに直結しやすい大事な部分ですので雨仕舞に関しては絶対に手を抜けません。

その屋根の形状に合わせた最適な工事を提案して工事を行っていく事が、屋根リフォームのプロとしての務めです。

屋根に関して、商品や工事内容について気になる事やご質問がございましたらお気軽に轍建築までご相談ください。