横浜市神奈川区のH様邸にて、屋根のカバー工事を施工いたしました。

築16年目で、施主様は以前から屋根の汚れや劣化が気になっており

HPからお問合せいただき、屋根リフォームのお見積もりをさせていただきました。

5社程、相見積を取られて屋根の塗装と屋根カバーで、

どちらで施工していくのかお悩みでしたが、

棟板金の劣化や天窓からの雨漏り、将来的なランニングコストを考えて

轍建築では最終的に屋根カバー工事をおススメ、ご提案致しました。

複数社から轍建築をお選びいただいた理由は、

「お値段が一番安く、丁寧な説明が良かった」

というご理由で、ご安心・納得いただき施工させていただく形となりました。

施工事例

施工前は、化粧スレートによく起こる屋根材の防水機能の劣化で

コケや汚れが発生していました。

施工前に、汚れてしまった化粧スレートを高圧洗浄でキレイに洗い流していきます。

コケや汚れを洗い流し、屋根がキレイになりました。

もとの色はブラックでした。経年劣化と共に屋根材の色褪せて薄くなっていきます。

高圧洗浄後に、既存の棟板金・雪止め金具を解体撤去してから

新規の防水シート(アスファルトルーフィング)を張り上げていきます。

防水シートを張りましたら、雨樋に水が流れるように

軒先に水切り板金を取付けていきます。

斜め(妻側)の部分には、ケラバ板金を取付けていきます。

面と面が重なり合う部分には谷板金という部材を取付ていきます。

各種役物の設置が完了したら、ガルバリウム板金屋根を本張りしていきます。

一緒に新規の雪止め金具も設置していきます。

面と面の頂上部分には、新規の棟板金を取付けていきます。

木下地を取付けてから、ガルバリウム板金を上から取付けます。

雨漏りしていた天窓には、しっかりと新たに板金を取付けて、

雨水の侵入を防ぎます。ガラス周りには、再度コーキングによる

防水施工を行っていきます。

最後全体的に、防水処理を行っていきます。

いらなくなったアンテナも撤去して、完成です。

工事のまとめ

今回の屋根材は、ニチハ株式会社の商品、

横暖ルーフ プレミアムSを使用していきました。

耐久性は抜群で、意匠性にも優れています。

赤錆の保証は20年・穴あき保証は25年と塗装工事に比べて

将来的なランニングコストがとても抑えられます。

天窓の雨漏りも塗装工事だけで解決できるか不安が残りますので

今回の工事は屋根カバー工事を行い正解であったと思います。

もちろん、塗装に比べて費用が大幅にUPしますので、

ご予算のご都合にもよります。

轍建築では、屋根リフォームの的確なプランのご提案が出来ますので

気になる事、お悩みの際はお気軽に何でもご相談ください。