横浜市旭区W様邸にて屋根工事を施工させていただきました。

施主様は屋根の割れや劣化でお悩みで、全体的にひび割れをおこしており、

細かい補修等はご自身でされてましたが、限界を感じてHPからご轍建築に連絡いただきました。

屋根点検時に割れヵ所を増やさないように慎重に調査を行っています。

[劣化状況]

コケや汚れ、ひび割れ

  u2

全体的に複数ヵ所にひび割れをおこして、そこから内部に水がまわり屋根材と

木下地を傷め雨漏りを起こしておりました。

屋根に上がると、気を付けないとスレート屋根材が割れてしまう状態でした。

今回は雨漏りをおこして、塗装出来る屋根材の劣化状況をこえておりましたので

屋根のカバー工事をご提案させていただきました。

[施工事例]

既存、棟板金、雪止め、役物を解体していき処分していきます。

フラットな状態にしていきます。


freefont_logo_gennukigothicpheavy

次に、防水シート(アスファルルーフィング)を張っていきます。

劣化が酷い1F下屋根のみ、下地にコンパネを入れています。

コンパネを入れるとより屋根の強度が上がります。

u3
freefont_logo_gennukigothicpheavy

各種役物(水切り、ケラバ板金)を取付けます。

新規屋根材のガルバリウム鋼板の本張りを行っていきます。

同時進行で雪止め金具も取付けます。

最後に棟板金の取付、防水処理を行い工事は完了です。

[工事のまとめ]

全体にカバー工事を行い、水の侵入ヵ所を無くしていきました。

屋根カバー工事を行えば、塗装と違い水の侵入を防ぐという意味ではより安心ですね。

施主様も無事に工事が完了してご満足いただけました。

[使用材料・保証期間]

使用材料はセキノ興産の断熱トップエイトワンを使用しています。

ガルバリウム鋼板の中では安価な材料です。

欠点は断熱材の量が少なく、見栄えが他の屋根材よりも劣ります。

ただ、耐久年数に関しては、ほとんど変わりませんので少しでも安さを求めるならばこちらの屋根材はお勧めです。

屋根カバー工事の保証期間は10年間となります。