立平ロックとは、縦葺き屋根の一種で、主に勾配の少ない屋根によく使用される屋根材です

縦葺き屋根とは、真正面から見て下からまっすぐ上に向かって葺いている屋根の事を言います。

逆に、真正面から向かって、水平に横に向かって葺いている屋根を横葺き屋根と言います。

そんな縦葺き屋根の一種、立平ロックですが、メリットとデメリットとありますので

ご紹介させて頂きます。

立平ロックの特徴

すっきりとした外観の仕上がりで、瓦棒屋根(内部に垂木という木を使用した屋根材)

とは違って、垂木を使用しないハゼ止め使用のシンプルな作りで

和風なお宅にも、洋風なお宅にも合う、ガルバリウム鋼板を使用した屋根材です。

使用材料はガルバリム鋼板以外にも

カラーGL鋼板

フッ素樹脂塗装鋼板

タイマフロンGL

カラーステンレス鋼板

などがあります。

板厚 0.35mm~0.5mmとなります。

<形状タイプ>


フラットタイプ平リプタイプ丸リプタイプアーチ加工

ウェーブ状の屋根デザインも可能になり、

独特のユニークさやオリジナリティが発揮されます。

色は、黒、新茶、シルバー、グレー、緑青、モズグリーン、ダークブルーなどがあります。

立平ロックのメリット

価格が安い

他の屋根材と比較して、ガルバリウム鋼板を使用していますが

材料費が安く、工事費用を安くご提供できます。

軽量

㎡あたり4kg程で、他の材料と比べても軽量です。

地震などの耐震性にも優れます。

勾配が少ない屋根に適している

勾配がある屋根にはもちろん、勾配が少ない屋根にも葺く事ができます。

むしろ、勾配が少ない屋根で葺ける数少ない屋根材です。

立平ロックのデメリット

断熱性・遮熱効果が低い

他の屋根材と比べて、断熱材などが入っていないため断熱効果がほとんどなく、

また、遮熱の効果もないので、夏場の太陽の熱をそのまま吸収してしまいます。

遮音効果が低い

断熱材や、板金材の厚みも薄いために、少し強い雨の時には

雨音が気になるかもしれません。

複雑な屋根形状には適さない

基本的には、材料を工場にて加工して現場まで持ってきて

そのまま取付けていく作業となります。

ですが、複雑であると、現場での加工も必要となります。

その分、通常よりも作業面での時間がかかるため費用がかかり

他の屋根材よりも費用が高くついてしまう可能性があります。

まとめ

立平ロックは、勾配が少なく、費用を抑えたいという方によくご提案させていただいています。

既存が瓦棒屋根での葺き替えの場合ももちろん同様です。

デザイン性は良く、どのようなお宅でも、デザインは合うと思います。

(もちろん個人の主観はありますが)

立平ロックにはメリットとデメリットとありますので、両方を見比べてみて

他の屋根材と比較されて選ばれていくと良いと思います。