数ある屋根材の中に旭ファイバーグラスで生産されているリッジウェイという屋根材があります。

またの名称をシングル材とも呼んでいます。

屋根工事で、既存屋根がスレート屋根の時に上から被せてあげるカバー工法の時に

よく使われています。

リッジウェイの特徴とは

世界中で使用されている、ポプラーな屋根材アスファルトシングル リッジウェイ

ランダムに粒状彩色石を塗布した色合いは、欧米風のモダン住宅に

絶妙にマッチします。

また、欧米風のお宅だけではなく、和風のお宅の屋根にも合い

とてもデザイン性に優れている屋根材です。

デザイン性もそうですが、軽量で耐久性にも優れています。

色は、

デュアルブラック   (黒系)

ハーバードスレート (グレイ系)

デュアルブラウン  (茶系)

アーストーンシーダー (黄色系)

ヴィンテージグリーン (緑系)

本体形状寸法 幅349mm× 長さ1038mm

施工面積   0.154㎡/枚

重量     1.7kg/枚

リッジウェイ意匠性について

独特の2層構造と、ランダムに粒状彩色石を塗布した色合いが

立体感を演出し、棟や谷部分も同じシングル材での仕上がりとなるため

統一感が出て高級感ある雰囲気を醸し出します。

また、曲面などになじみ、比較的自由度の高い設計とっています。

耐久性

リッジウェイはASTM(米国材料試験協会規格)の厳格なテスト法に合格している

製品性能では安定した屋根材となっています。

無機のガラス繊維を芯材にして耐候性アスファルトを基材に使用されています。

セラミック焼付けで表面の石の色は塗装されており、耐久性に優れます。

リッジウェイは、アラスカ、ハワイなどでも使用されており気候を選ばない屋根材であります。

軽量

1枚が1.7kgと非常に軽く、スレート屋根材の約1/2(半分)

の重さとなります。

軽量のため、耐震性にも優れています。

またリッジウェイは防火認定も受けており、防火性能にも優れています。

メーカー保証

リッジウェイは10年間のメーカー保証が付いています。

保証内容は 「製品製造上の不具合での雨漏り」

「製品の飛散が生じた場合」

製品の本体と補修工事代金の保証を行っています。

施工業者が伝えるメリットとデメリット

メリットは軽量で、耐久性もあり、一番は製品の価格が他の材料に比べて安い事です。

屋根カバー工事で、費用面を気にされる方にはお勧めです。

デメリットは表面の石や砂が施工中にボロボロと落ちてきます。

ある程度、落ちたら、落ちなくなり、製品上は問題ないのですが

たまに気にされる方もいらっしゃいます。

また、リッジウェイのデザイン性は好みがわかれるケースが多いですね。

以上、屋根材リッジウェイの特徴と効果についてでした。

屋根材の事で、ご質問等ございましたらお気軽にお問合せ下さい!