横浜市港南区のG様邸にて、屋根修理を行いました。

屋根修理の内容は、スレート瓦一枚を板金で補修させていただきました。

一枚だけの張替えの場合には、新しいスレート材に差し替えるよりも費用が抑えられて、雨仕舞の面でも良いためです。

デメリットは、見栄えは一枚だけ板金なので気になる方は気になるかもしれません。

屋根の劣化状況

スレート瓦が一枚だけ、剥がれ落ちてしまいました。

原因に関しては、経年劣化の影響もありましたが、まれにアンテナが倒れたり、電気屋さんがこまかい作業中に割ってしまうこともあります。

その他、飛来物によるものとも考えましたが、明確な理由は判断できませんでした。

その他、細かいひび割れが複数箇所発生していました。

これらのひび割れは、経年劣化によるものです。

棟板金の釘も浮いてきています。

屋根修理の施工事例

割れた箇所の寸法を計測して、現場にて板金を加工していきます。

ニスクカラーのガルバリウム鋼板を使用しています。

加工した材料を持って、屋根にあがりスレート瓦の隙間に差し込んでいきます。

板金材の裏には、コーキング材で接着を行っていきます。

奥まで、差し込んで乾かし待ちです。

最後に、板金材を綺麗に拭いて完了です。

板金での修理費用は、¥15000円~(税込み)です。

枚数や屋根の状況によって費用は変わります。

雨天では、工事はできかねます。

その他、割れた箇所にコーキング補修を行っていきました。

この内容の補修であれば、サービスで行っています。

もちろん、塗装を行った方が良いことに間違いはありませんが、補修でもしないよりは多少雨水を防げます。

釘の浮いた箇所の釘を打ちなおします。

1~5箇所くらいであれば、サービスで行っていきます。

工事のまとめ

スレート瓦が一枚だけ剥がれたり割れてしまったというケースはよくあります。

その場合には、新しいスレート瓦を張りなおすという手法もありますが、板金での屋根修理も費用が抑えられておススメです。

また、見えない屋根では細かいひび割れや棟板金の釘浮きがよく起こります。

放置してしまうと、最悪雨漏りの原因にもなりますので、ある程度年数が経過してきたら屋根点検しとくと未然に防げます。

轍建築では、横浜市・川崎市にて無料で点検・調査を行っています。

予算的に屋根リフォームが厳しいため屋根が傷んでも手を付けられない方も、部分的な屋根修理も行えますのでまずはお気軽にご相談ください。