町田市にて、屋根修理を行いました。

依頼主はH様で、H様邸の木が強風時に倒れてしまい、お隣様の屋根の棟瓦に接触して崩れてしまったので、その棟瓦の積み直しを行った案件となります。

この状態では、雨水が入り込んで、内部に傷めてしまう原因となります。

工事着工までは、養生をさせていただき、その後、早急な対応をさせていただきました。

棟瓦の状況

木の衝撃で、棟瓦、のし瓦、盛土が1.5mほど崩れて、鬼瓦だけ残っていました。

施工事例

下地調整を行っていきます。

崩れてしまったのし瓦や盛土を清掃していきます。

まず、「シルガード」という屋根用の土を盛っていきます。

「シルガード」は、馬場商店というメーカーから生産されている屋根瓦専用の土です。

材料には、硬化剤「消石灰」、骨材「炭酸カルシウム・砂」を混ぜ合わせています。

その他、繊維、防水剤(シリコンを含む)、硬化遅延剤、不凍液が含まれています。

「シルガード」は、耐久性と防水性に優れており、現在普及し始めている材料です。

「シルガード」で、台面を作り、銅線を張っていきます。

次に、新規ののし瓦を設置していきます。

のし瓦、計8枚です。

「シルガード」で、のし瓦は固定されて硬化すると、がっちり強固になります。

再度、1段目の上に「シルガード」を盛っていきます。

同手順にて、2段目ののし瓦を設置して、その上に「シルガード」を盛り、棟瓦を設置していきます。

最後に、銅線を棟瓦に巻き終えて完了となります。

銅線を巻くことで、棟瓦はしっかりと固定されていきます。

仕上がり完成

盛土よりも、「シルガード」の方が、強く安定感はあります。

工事のまとめ

工事の期間は、半日程度の作業です。

瓦の屋根修理作業のみであれば、足場の設置が不要で行えます。

経年劣化や地震以外でも、飛来物や何かの衝撃で屋根は崩れたり割れたりしてしまうので注意が必要です。

気づかずに放置してしまうと、雨漏りの原因にもなりえます。

早い発見であれば、部分的な屋根修理で改善できるので、瓦屋根でも定期的な点検は可能であれば行っていく事が大事です。

轍建築では、こういった部分的な屋根修理も行っていますので、ちょとした工事でも承ります。

現地調査・お見積もりまでは、無料にて対応させて頂いています。

「小さい工事だから、頼みずらい」という方も、まずはお気軽にお問合せ下さい。