横浜市・川崎市にて屋根リフォーム、屋根修理を行っている弊社ではよくこんなお問合せを頂きます。

訪問営業の人に、「何々が傷んでいるから早く修理しないと雨漏りしますよ」

と言われたので点検して欲しい・・

という内容です。

数年前から、このようなお問合わせをよく頂いていたのですが、

最近では、さらに多くなってきています。

実際に点検を行うとまったく問題ない場合が多く、この営業トークのやり方には悪質さを感じます。

この訪問販売の営業マンの主張を信じてしまい、

高額な屋根リフォーム工事を契約されてしまっている方も多いと思います。

本当に、必要な工事内容であれば問題ありませんが、

「不必要な工事」で、「相場よりもすごく高い」というのが現状です。

少しでもこのような悪質な訪問販売に引っかからないためにも、

今回では「悪質な訪問販売の手口」「実際のお問合せ事例」についてご紹介いたします。

悪質な訪問販売の手口

①下からでは、見えずらい屋根の不具合を主張して、住んでいる方の不安をあおってきます。

②その後、「無料点検をします」と言って、屋根に登ります。

③実際に登って点検を行ったら、「不具合箇所を多く発見した」と言って、

「このままでは、雨漏りします」と更なる不安を与えてきます。

④その後、高額な屋根修理か屋根リフォームの提案と見積書をもってきて即日の契約を迫ってきます。


本当に不具合が起きていた場合

もちろん、すべての訪問販売の営業が悪質という訳ではなく、

ほんとうに雨漏りが起きてしまうような状況もありえます。

写真等をみせてもらえると思いますので。

すべてを疑わずに、他の屋根修理業者さんに相談してみることが大事です。

弊社へのお問合せ事例

【事例1】川崎市のA様邸

お問合せ内容は、

近くで工事してるという業者の人に、

「屋根の棟板金が飛んでいるので、このままでは雨漏りしてしまうから早く修理しないとまずいですよ」

と言われたので、専門の方に一度みていただきたいです。

という内容でした。

棟板金が飛んでいた場合、内部が傷む原因になるので迅速に点検に伺いました。

早速ご自宅まで伺って、下から屋根を確認しましたが、正直飛んでいるのかどうかわかりません。

実際に屋根に登って、全体を確認しましたが、棟板金は飛んではいなく異常はみられませんでした。

確かに、多少経年劣化はしていましたが、雨漏りに直接つながる内容ではありません。

A様には写真をふまえて現状をご報告しました。

また、築10年前後で多少の経年劣化はありましたので、

「そろそろ屋根塗装を考え始めると良い時期です。」

とお伝えして帰りました。

【事例1】横浜市のT様邸

横浜市のT様邸は、1、2ヵ月前に、弊社で屋根塗装と棟板金交換工事を行ったお宅です。

屋根塗装と棟板金交換 施工事例

お問合せ内容、

先日、工事をしていただいた、横浜市戸塚区のTですが、近くを通った業者の人に、

「屋根の棟板金の釘が浮いているから、修理した方が良いですよ!」

と言われたので、見て頂きたいです。

というお問合せをいただきました。

これが、本当であれば弊社の施工不良ですので、即日お伺いさせていただきました。

実際に、屋根に登り確認をしましたが、どこも浮いておらず不具合も確認できませんでした。

A様には、状況をお伝えして、

今後、釘が少しでも浮きずらくする為の処理だけして帰りました。

まとめ

悪質業者の手口として、何か理由をつけて屋根に登るための口実を作っています。

屋根に問題がなくても、問題があるようなトークで不安を与えてきます。

とくに、直接屋根に登ってもいないのに、「このままでは雨漏りします」という業者は、

悪質の可能性が高いので注意が必要です。

ですが、すべての訪問業者が悪質ではなく本当に屋根の状態が悪い場合もあります。

念のために知り合いの屋根屋さんや、近所の屋根屋さんなどに相談すると良いと思います。

もちろん、轍建築でも無料で点検は行っていますので、屋根の状況が不安な場合にはお気軽にお問合せ下さい。