雨漏りの放置は「シックハウス症候群」の原因になる

カビや建材に含まれている化学物質などが原因で起こる健康障害のことを

シックハウス症候群」といいます。

このシックハウス症候群は雨漏りが原因で引き起こされる場合があります。

雨漏りによって木の柱などに水が染みこむと室内の湿度が高まり、

結露を起こしカビなどが発生します。

そのまま放置が続くと、シックハウス症候群になる可能性が高まるのです。

雨漏りによるシックハウス症候群を防ぐためには、

雨漏りを放置せずに早めに工事を行うことが改善策となってきます。

雨漏りしているかの確認、雨漏り工事が必要かどうかの

判断がつきにくい場合は、轍建築にご相談ください。

プロの視点から色々とアドバイスさせていただきます。