横浜市磯子区のM様邸にて、笠木の雨漏り修理と波トタン屋根のカバー工事を行いました。

建物内に、強風・大雨時に雨漏りが発生したためお問い合わせをいただき対応させていただきました。

雨漏り状況

天井から下に向かって壁内部を伝い雨染みが発生していました。

また、壁材が剥がれてきています。

屋根の調査を行った結果、雨漏り箇所の真上が笠木でした。

散水調査によると笠木の継ぎ手、水切りから雨水が入り込んで雨漏りが発生していました。

その他、波トタンがエアコンホースのもらい錆によって劣化が進行していました。

屋根の施工事例

今回は、笠木と波トタンのカバー工事を行って、雨漏りと屋根材の劣化を改善していきます。

波トタンに、防水シートを張り、その上から胴縁を取付けていきます。

防水シート・胴縁が完了したら、板金工事に入ります。

軒先に、水切りを取付けていきます。

その後、軒先から順々に新規の波トタン板を張っていきます。

波トタンは、先ほどの胴縁に固定を行っていきます。

波トタンを笠木まで全体的に張り上げていきます。

端部には、ケラバ板金を取付けていきます。

真ん中の開口部に、板金を加工して上から取付けていきます。

波トタンの本張りが完了したら、雨押えの下地を取付けていきます。

雨押えの下地に新たな板金を取付けていきます。

次に、笠木の下地を取付けていきます。

木下地新設後に、上からガルバリウム鋼板を取付けていきます。

壁の立ち上げりにも、板金を取付けていきます。

笠木の継ぎ手には、コーキングを打ち込んで仕上げていきます。

波トタンのカバー工事と笠木カバー工事の完了です。

3人作業で、1日で仕上げていきました。

工事のまとめ

笠木からの雨漏りの発生は多く、経年劣化がすすむにつれてリスクが高まっていきます。

普段の雨では雨漏りしない場合が多く、台風など強風・強雨の際に発生することが多いです。

笠木の場合は継ぎ手の補修等でも雨漏りが改善されることもありますが、内部の下地も腐っていたりするため、基本的な修理方法はカバーか交換をおススメさせていただいています。

波トタンも定期的な塗装によるメンテナンスが必要で、素材の限界がきた場合にはカバー・葺き替えがおススメです。

今回の工事は笠木と全体的に屋根をカバーすることによって、雨水の侵入経路をなくして2重屋根となり、雨仕舞効果も上がります。

もちろん、予算もあるので「部分的」か「全体的に確実に」かはご提案も変わります。

雨漏り工事の保証は、5年間~10年間となります。(材料や工事内容によります)

雨漏りの際には、複数の改善策を検討してみてください。