横浜市磯子区のY様邸にて、ハト小屋の雨漏り工事を行いました。

この屋根から突き出ているような小さな屋根はのことを、ハト小屋または、ドーマーと呼ばれています。

このハト小屋のモルタル外壁と屋根の取合い部分から雨風の向きや強さによって雨漏りが発生したため今回の工事をさせていただきました。

雨漏り状況

ハト小屋の真下の天井に雨染みが発生しています。

また、雨漏りの影響によって、壁のクロスが剥がれて湿っていました。

雨漏り箇所と雨漏り経路を確認して、可能性のある箇所を調査していきました。

調査を行ったところ、外壁・雨押え箇所からの可能性が高く、応急処置(コーキング)を行いました。

工事の流れ

既存の雨押え板金の下地を解体していきます。

ハト小屋の屋根の棟と下地を解体していきます。

解体後に清掃を行った後、屋根・外壁部分に防水シートを張り上げていきます。

屋根、そして外壁の順に張っていきます。

同時に雨押えを新設して、新規屋根材(ガルバリウム鋼板)を先に本張りしていきます。

使用材料は、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用していきました。

ハト小屋の屋根にケラバ板金・水切りを取付けていきます。

雨押え、屋根の本張りが完了したら、役物を取付けて外壁部分にガルバリウム鋼板を張っていきます。

 

外壁部分の本張りが完了です。

屋根と外壁を同時に仕上げることによって雨水の侵入経路(雨漏り)を完全に無くします。

ハト小屋の屋根も本張りを行い棟の下地を取付けていきます。

棟板金を取付けて完成です。

屋根が完了したら、モルタルの軒部分を白ポリベニヤでカバーしていきます。

まず、既存モルタルに木下地を新設していきます。

木下地に白ポリベニヤを張っていきます。

軒天カバーが完了したら、破風板に板金を取付けていきます。

仕上げに軒と外壁の取合いにコーキングを打ち込んでいきます。

コーキングが終わったら養生を剥がして完了です。

工期は屋根カバー工事と合わせて、3日間で仕上がりました。

工事のまとめ

ハト小屋からの雨漏りは、非常に多いです。

外壁と屋根の取り合い箇所は、素材が劣化してくると急所になって雨水が侵入しやすいです。

現在では、雨漏りが多いためハト小屋を新築時に建築するお宅は少なくなってきています。

屋根は構造が複雑になればなるほど雨漏りリスクが高くなります。

雨漏りリスクを少なくするためには、シンプルな屋根が一番です。

今回は、外壁と屋根全体を屋根カバーすることによって、雨水が侵入しにくくなり、雨漏り工事としては効果的な工事を行いました。