横浜市青葉区のI様邸で棟瓦の積み直しを行いました。

10月1日の台風の影響で、棟瓦が2枚落下したため対応に伺っています。

棟瓦の調査を行うと、瓦を下地に釘止めで固定しているタイプの棟瓦でした。

瓦が外れた箇所は、釘を固定している下地(胴縁)が腐っていたため、釘が抜けて強風で瓦が落下してしまったと思われます。

その他の棟瓦の確認も行うと、全体的に釘が浮いてきていました。

同じ年数経過している下地ですので、全体的に下地が傷んでいると考えられます。

屋根の勾配もあり、部分的な補修でも屋根足場が必要です。

そのため、全体的な下地の傷みも考えられますので、全体的に棟の積み直しを行っていきました。

棟瓦積み直しの施工事例

既存の棟瓦、モルタルメンド、木下地を解体していきます。

棟瓦は、そのまま屋根に残して、モルタルと、木下地は処分していきます。

新しい下地を取付けていきます。

今回使用した下地は木材と違って腐らない、樹脂製のタフモックを使用していきました。

タフモックを使用することにより、腐りによる釘抜けを防止することができます。

下地を新設後に、屋根瓦固定用の南蛮漆喰(水シャットゴールド)を盛っていきます。

水シャットゴールドは、シリコン含有で水をはじき、防水性能にも優れています。

強いコシで変形しにくく、棟瓦との密着性が良いため、瓦がしっかりと安定します。

漆喰を仕上げたら、棟瓦を戻していきます。

下地のタフモックに釘ではなく、ビスで固定してより抜けずらく取付けていきます。

仕上げに三日月部分に漆喰を盛り足して調整していきます。

その後、各種清掃を行って完了です。

そのほか、棟瓦の取合いに漆喰を盛って、防水及び固定していきます。

棟瓦の積み直しは、2人作業で一日で仕上げました。

工事のまとめ

棟瓦を木下地に固定しているタイプは、下地が傷むと釘が緩んで強風で飛びやすくなります。

今回は、台風で飛びましたが、通常の強風でも飛ぶことがありますので注意が必要です。

築10年以上経過してきましたら、棟瓦の釘浮き等がないか点検して確認することをおススメします。

もちろん、屋根に上がるのは危険ですので、点検はプロに依頼しましょう。

点検のタイミングとして、10年~15年で外壁塗装の工事を行う際に確認を行うのがベストかと思います。

仮設足場があるうちに確認を行っておくと、万一の場合には無駄な出費を抑えられます。

その際は、専門の屋根屋さんと施工内容についてしっかり相談して工事を行っていきましょう。