横浜市戸塚区S様邸にて瓦屋根の漆喰補修工事の施工を行いました。

築35年近くで、屋根はまだ一度も手を付けられていない状況でした。

屋根調査を行うと漆喰の経年劣化により、全体的に割れや剥がれをおこしていました。

水の侵入、瓦の歪みなどを防ぐために漆喰補修工事の施工を行いました。

劣化状況

漆喰の剥がれ、鬼瓦部分の隙間が発生していました。

こういった、隙間から雨水が侵入して内部を傷める原因なっていきいます。

よく瓦屋根のお宅で雨漏りが起きた場合に屋根を点検すると

よくこの漆喰が劣化しているお宅が多いです。

もちろん、漆喰が原因だけで雨漏りを起きているわけではありません。

ついつい、見落としがちですが漆喰も大事な部分ですので

メンテナンスは必要となります。

dsc03479  dsc03486

施工事例

下地調整を行い古い漆喰材を取り除いていきます。

旧漆喰をすべて剥がしてフラットになったら新しい漆喰材を塗っていきます。

dsc03784  img_3585

仕上がり完成です

写真にはありませんが、鬼瓦の部分も漆喰を塗って補修していきます。

dsc03796  img_3583

工事のまとめ

漆喰もひどくなると、最悪は瓦材の崩れや、

雨漏りの原因になりますので、早めのお手入れをお勧めいたします。

基本的に瓦屋根は勾配が少ないので、屋根作業ですが足場がなくても作業が出来ます。

工期は一日~2日作業程で仕上がりました。

もちろん、屋根の大きさや漆喰の補修する長さにもよります。

屋根は下から見えないので、どんな状況になっているのかわからない場合が多いと思います。

轍建築では、無料の屋根点検調査を行っていますので、

お気軽にお声を頂ければ迅速に調査にお伺い致します。

点検して、無理な営業等は致しません。現状の状況をそのままお伝えして

今後、放って置くとどうなってしまうのか等のご説明をさせていただきます。

そしてお客様のご都合に合わせた的確なプランのご提案をさせていただいております。