これから屋根リフォームや外壁塗装をご検討中の方で知っておきたい、

建物部位のそれぞれの名称とリフォームの必要性についてをご説明します。

細かい部位の名称知っておくことによって、

何か雨漏りや劣化した場合に、少しでも早く解決に繋がります。

また、外壁塗装などのお見積もりをみた時に、この名称を知っておくだけで

どの部位をどうするのかを理解できるので、役に立つと思います。

名称一覧

%e9%83%a8%e6%9d%90%e5%90%8d%e7%a7%b0

①屋根

建物の一番上(最上面)にあるのが屋根です。

雨や風、日光、雪などを遮り、お家を守ります。

屋根が、雨風の影響を一番受けて劣化しやすい箇所です。

②換気棟

屋根の面と面がちょうど重なり合う一番上の、板金材を棟板金といいます。

そこの換気を良くするために、取付けてある部位を換気棟といいます。

湿気や熱気の逃げ道を作っています。

棟板金は経年劣化で内部の下地が劣化して釘が緩み、

台風時に棟板金が飛んでしまうケースが多いので注意が必要です。

③破風板

屋根の側面に取付けている板の事を破風板といいます。

雨や風を屋根の内部に入らない様に防ぐ役目を持っています。

昔はラワン材を使用しておりましたが劣化しやすので

最近では化粧材を使ったものが多いです。

化粧板でも劣化するので、塗装のリフォームや

この上に、板金でカバーする破風板金工事などが必要です。

④雨樋

雨樋は屋根から流れ出た水を集めて、地上に雨水を流す役目をしています。

経年劣化で、割れたり、大雪時に雪の重みで歪んだり割れたりします。

⑤ソーラーパネル

太陽光で発電を行うパネルの事です。

光熱費を削減できて、電気を売ってお金に換えることができます。

デメリットは初期費用が高いのと、

パネルをつけると、屋根リフォームが出来なくなってしまうので、

取付けする時期には慎重な判断が必要です。

⑥軒天

屋根の裏側に張ってある、板材のベニヤ・化粧板の事を軒天といいます。

材料はベニヤやケイカル板などで仕上げていきます。

また、軒天に軒天換気口を取付けると屋根裏の換気がよくなります。

経年劣化で剥がれたり、穴が空いたりします。

⑦外壁

外側の壁で、雨や風からお家を守る壁面を外壁といいます。

この外壁材により、お家の耐久性、断熱性、耐熱性、遮音性、快適性能が

変わってくる重要な部分です。

経年劣化でひび割れや、コケや汚れ、塗膜の劣化が出てきます。

⑧バルコニー・笠木

建物の外に張り出した、洗濯物などを干す空間を

バルコニー、またはベランダといいます。

上記写真の場合では、屋根が無いのでバルコニーで、

屋根があるものをベランダといいます。

ベランダ手すりの下部分の頂部に取付ける

アルミまたは板金材の部分を笠木といいます。

ベランダ床、この笠木が雨風の影響を受けて雨漏りが多く発生する箇所です。

⑨シャッターBOX

シャッターを巻き上げ収納する箇所をシャッターBOXといいます。

昔は雨戸・戸袋タイプの使用が多いですが、

最近では防犯のためにシャッターでの使用が増えています。

シャッターBOXは材料が鉄でできているものが多く、

塗装でのメンテナンスがおススメです。

⑩霧除け庇

雨や霧を防ぐために、窓の上についている、小さな屋根を霧除け庇といいます。

材料によっては劣化しますので塗装によるメンテナンスが必要です。

⑪窓・サッシ

ガラスを窓枠にはめ込んで用いた建具の事。

採光によく明るくはなりますが、このサッシが多いと耐震性や、

断熱性が弱点なので注意が必要です。

メンテナンスは不要です。

まとめ

このように、各部位にはそれぞれ名称があり役目があります。

(お家によって、まだまだ細かく名称があります。)

各部位それぞれにメンテナンスが必要となり、知識があると

お家との向き合い方も変わり雨漏りを未然に防ぐ事も出来ます。

おススメは、10年後ごとに屋根リフォームや

外壁塗装と一緒に全体的な塗装を行っていき

雨や風から塗膜で保護していく事が長持ちの秘訣です。

素材自体が劣化した場合は、交換やカバーなどの手法もありますので、

詳しくは、専門家に相談してみてください。

建築・リフォーム専門会社

会社名 轍建築
営業事務所 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南5-1-24
電話番号 045-315-6186
URL http://wadachi-kenchiku.com/